泉区版 掲載号:2014年9月11日号 エリアトップへ

和泉町幾田さん 原中率い初の全国 「断固たる決意」でやり抜く

スポーツ

掲載号:2014年9月11日号

  • LINE
  • hatena
全国大会の激戦を終えた選手、スタッフら=同部提供
全国大会の激戦を終えた選手、スタッフら=同部提供

 神奈川県大会を制した瀬谷区の原中学校男子バスケットボール部(幾田登顧問・和泉町=人物風土記で紹介)が関東大会で3位入賞し、初の全国出場を決めた。全国では惜しくも予選リーグで敗退したが、足を使ったディフェンスで相手チームを最後まで苦しめた。

 同部は公式戦無敗で県を制し、8月8日から大田区総合体育館(東京)で行われた関東大会に出場した。シードで2回戦から登場し、深川一中(東京3位)と対戦。「初めてやる相手で、選手たちの動きが固かった」と幾田教諭が振り返るように、前日に勝利し勢いに乗る相手チームに対して受け身に。前半を3点ビハインドで折り返すが、後半は練習を重ねてきたゾーンディフェンスで相手の得点を抑え、3Q(クォーター)で逆転。61対50で勝利した。

 全国出場をかけた準々決勝は、上尾大石中(埼玉2位)戦。1月の練習試合で勝利した相手に、190cmを超える長身センター宮本一樹君(3年)が27得点を挙げる大活躍。70対40の大差で勝利し、同校初となる全国への切符を掴んだ。

 教師歴30年の幾田教諭は、自身4度目の関東大会で初の全国出場。キャプテンの東野恒紀君(3年)は「目標の一つだった全国が決まり、幾田先生には感謝の気持ちでいっぱい」と話し、幾田教諭は「観客席を見たらこれまでお世話になった方々が応援に来てくれていて、思わず涙がこみあげてきた」と振り返った。

 準決勝の実践学園中(東京1位)戦は序盤から拮抗した展開に。昨年全国3位の強豪を相手に一時は逆転したものの、3選手が5ファウルで退場し、6点差で敗戦。関東3位で第44回全国中学校バスケットボール大会(全中)に出場した。

全国の舞台も姿勢崩さず

 8月23日から香川県で行われた全中では、予選リーグで枚方第四中(近畿1位)、玉島北中(中国1位)と対戦。連敗で全国初勝利とはならなかったが、どちらも1桁差の接戦を演じた。

 砂を敷き詰めた2リットルのペットボトルを持つランメニューなど、脚力強化に重点を置いてきた同チームは、最後まで持ち味の足を使ったディフェンスで相手を追い込んだ。

 東野君は「周りから見られ、プレーしていて楽しかったし、保護者らの支えがあったから120%の力が出せた。負けた相手には高校でリベンジしたい」と今後の意気込みを話し、幾田教諭は「ベンチ外の子もよくサポートしてくれた。与えられた環境の中で出会った人を大事にできる人になってほしい」と選手らにエールを送った。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

森林コンサートが好評

中田東

森林コンサートが好評 文化

ピアノ奏者・丹生谷さん

7月29日号

2年ぶり全国舞台へ

横浜泉中央ボーイズ

2年ぶり全国舞台へ スポーツ

昨年春の中止乗り越え

7月29日号

コロナ禍で増加傾向続く

泉区内家庭ごみ

コロナ禍で増加傾向続く 社会

市「食品ロス削減を」

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

学習支援の動き進む

区内ケアプラザ

学習支援の動き進む 教育

いずみ中央は自習室開放

7月15日号

電話録音機を寄贈

遊技場協同組合泉支部

電話録音機を寄贈 社会

泉警察署へ200台

7月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter