泉区版 掲載号:2014年10月30日号 エリアトップへ

RCA 住民主体の街づくり進む 「町は共有財産」が合言葉

社会

掲載号:2014年10月30日号

  • LINE
  • hatena
フェリス留学生歓迎会(10月25日・緑園クラブハウス)
フェリス留学生歓迎会(10月25日・緑園クラブハウス)

  27年前に地権者らによって発足した緑園都市コミュニティ協会(RCA・上島義博理事長)。町内会単位の自治会とは異なり、エリア全体の街づくりを考えた取組みを進めている。10月25日には留学生と交流会を開いた。

 緑園都市コミュニティ協会が設立されたのは1987年。緑豊かな住環境に恵まれた緑園の街全体を「暮らす人々が共有財産ととらえ、いつまでも住みよい町として維持管理していくこと」が目的だった。

 住宅地、商業地といった町並みづくりや大学・小中学校・商店街との連携など住民が主体となってアイデアを持ち寄り、居住環境を創造していくことが特徴。協会は分野別に緑化推進や国際交流、文化活動、サークル・スポーツなど6つの委員会で構成され課題に取り組んでいる。

 各種イベント時は町内会の回覧板やホームページなどで告知をして協会挙げて参加者を募る。例えば花の頒布会は「街並みを美しい花で飾ろう」が合言葉で、毎年2回実施。居住者たちが家の周りの二段植栽帯や玄関先を競うように花で飾ることで、緑園全体が花に包まれる効果があるという。この他、駅前花壇の植え替えを行い、歩行者の目を楽しませる工夫をしている。

 10月25日には、交換留学生としてフェリス女学院大学に9月から通う4人を招待し、歓迎会を実施した。国際交流委員会が主催する取り組みに、中国やスロバキア出身の留学生らが参加。食事をしながら交流を深めた。年末には緑園連合自治会と共同で、地域住民全員で一斉清掃も予定されている。毎週火・木曜は児童の下校時に、1時間かけて緑園全体をパトロールし、子どもたちのケアにも力を入れている。上島理事長は「自治会と両立して、緑園が住みよい町になることが一番の望み」と話した。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

広報誌発行25年目へ

元気かい泉

広報誌発行25年目へ 社会

中途障害者の日常を発信

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

いじめ認知件数、過去最多

公立 小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

11月7日号

最高時速が50Kmへ

長後街道

最高時速が50Kmへ 社会

11月22日から引き上げ

11月7日号

「いこいの家」が10周年

「いこいの家」が10周年 社会

見守りと支え合いの拠点

10月31日号

高齢者外出支援でタッグ

高齢者外出支援でタッグ 教育

和泉小児童と地域の大人

10月31日号

東坊城さん、女子プロ野球へ

東坊城さん、女子プロ野球へ スポーツ

入団テストで合格つかむ

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク