泉区版 掲載号:2015年5月28日号 エリアトップへ

洋画家で、6月に15回目の個展を銀座で開催する 藤田 真理さん 緑園在住 66歳

掲載号:2015年5月28日号

  • LINE
  • hatena

絵への探求心は無限

 ○…神秘的な青色をベースに地球や金属、鉱物などをモチーフに描き続け、およそ30年。油絵の具を粒状に、細かく散らしたような独自の技法は、美術評論家からも評価されている。15回目の個展の目玉となる200号を2枚つなげた作品の制作もすでに最終段階。「長く描いていると『色々工夫したい、考えてみたい』って思うの。人にできないことをやるのが快感」と表情を緩める。

 ○…石川県出身。絵は子どものころから好きで、子ども向けの雑誌で賞をもらったこともある。大学で美術を学んだが、結婚後は3人の子どもを育てることに集中。子育てが落ち着いた時に高校の教員となり、美術を指導するようになった。描くことも教えることも経験したことで、多すぎるほど引き出しが増え、今に生きているのだという。現在は制作活動と並行して自宅で絵画教室を開いている。賞を取らせることが目的ではないが、熱心に学ぶ生徒が全国規模のコンクールで入賞したことを自分のことのように嬉しそうに語る。

 ○…趣味は「鉱物採集」。絵のモチーフに度々登場するだけあって、鉱物のこととなると目の輝きが一層増す。「水晶に手を当てているとすごく元気が出る」と話し、絵のイメージが湧いてくるのだという。「絵ばっかり描いていると疲れるじゃないですか。だから外に出て採集するのが本当に楽しい」。話をしているうちに、さらに気分が盛り上がったようで「個展が終わったら、富山の翡翠海岸で翡翠を探して、おいしいものを食べて、それで絵が描けたら…あぁ!最高」。

 ○…30年間を「あっという間。一瞬のよう」と振り返るが、すぐに出た言葉は「あと30年あればもっと良い絵が描けるかも」。描きたいものはまだまだあり、自身の技術もまだまだ進化を遂げる余地を感じている。「私、描くのを死ぬまでやめないわ」。作品の深く落ち着いた雰囲気とは対照的な熱い気持ちが溢れだす。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版の人物風土記最新6

貝沼 貞夫さん

泉区社会福祉協議会の新会長に就任した

貝沼 貞夫さん

緑園在住 70歳

1月20日号

崔(チェ) 成基(ソンギ)さん

(一社)横浜青年会議所の第71代理事長に就任した

崔(チェ) 成基(ソンギ)さん

中区在住 38歳

1月13日号

崔(チェ) 成基(ソンギ)さん

(一社)横浜青年会議所の第71代理事長に就任した

崔(チェ) 成基(ソンギ)さん

中区在住 38歳

1月13日号

早乙女 賢一さん

内閣府から社会参加章を贈呈された「しらゆり助っ人隊」設立に尽力した

早乙女 賢一さん

白百合在住 88歳

1月6日号

清水 幸男さん

1月5日の新春凧揚げ会を主催する、相模凧いずみ保存会の会長を務める

清水 幸男さん

和泉町在住 69歳

1月1日号

奥津 直行さん

泉消防団副団長で秋の藍綬褒章を受章した

奥津 直行さん

中田町在住 63歳

12月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook