泉区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

市の消防操法技術訓練会に出場する第5分団の分団長を務める 安西 史雄さん 和泉が丘在住 71歳

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena

「誰かがやらなきゃ」

 ○…泉区内に5つある、消防団の代表として、第5分団から6人の精鋭が放水技術を競う10月の市大会に出場する。出場者は30代の団員が中心。「若手は仕事をしている人が多く、力や技術があっても練習に参加しづらいなど人選は難しかった。大会では素早さや技術の他に礼式も重要」。上位入賞を目指し、仕事終わりに練習を重ねている。

 ○…第5分団には20代から70代まで、女性を含む64人が所属。分団長を引き受けたのは68歳の時。本来、消防団の定年は70歳で、4年間の任期中に定年を迎える状況だったが、「その時ほかに誰もいないし、もう自分がやるしかって。延長願いを出したよ」。泉区は大きな災害が少ないというが「だからといって安心しきってはいけないね」。地域で火災があれば消火活動、台風が来れば地域の見回りに避難誘導と、地域住民を守る最も身近な存在である消防団。大きな使命感を小柄な背中に背負う。

 ○…20代の時は勤めに出ていたが、約40年前に生コンクリートを取り扱う(株)永新建材を兄から引き継いだ。消防団に入ったのもその時期。「当時の分団長から何度も頼み込まれて。なんとなく続けてきたような感じ……なんて言うと怒られちゃうかな」と茶目っ気たっぷりに話す。毎日の仕事に加え、休日も町内の行事に参加、緊急時には消防団として出動――。忙しくても続けてきたのは、地域のためという思いがあるからこそ。「できない、できないって言っててもね。誰かがやらなきゃ」という言葉には使命感が宿る。

 ○…現在、各地の消防団で課題となっているのが団員不足。泉区内も定員に対し約2割足りない状況だ。特に少ない若い世代の入団に頭を悩ませているという。「大変なイメージがあるんだろうね。思っているほど辛いものではないよ。今ちょうど消防団のドラマもやってるし、そういうところからでも若い人に興味を持ってもらえたら」。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版の人物風土記最新6

福島 康浩さん

泉公会堂改修後初の公演を行ういずみ吹奏楽団代表の

福島 康浩さん

南区在住 61歳

12月2日号

手塚 龍治さん

有限会社初鹿野(はじかの)建設の2代目として社内のSDGsを推進する

手塚 龍治さん

中田西在住 34歳

11月18日号

緒方 湊さん

最年少の「野菜ソムリエプロ」として多くのメディアなどで活躍する

緒方 湊さん

青葉区在住 13歳

11月11日号

五十嵐 英成さん

泉警察署協議会の会長に就任した

五十嵐 英成さん

岡津町在勤 65歳

11月4日号

菊田 清美さん

西武東戸塚S.C.の館長に今秋就任した

菊田 清美さん

横浜市内在住 55歳

10月28日号

峰岸 正臣さん

来年4月に開校する緑園学園の校章デザインを手がけた

峰岸 正臣さん

緑園在住 46歳

10月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月18日0:00更新

  • 11月11日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook