泉区版 掲載号:2016年2月25日号 エリアトップへ

いずみ歌謡協会の会長を務める 高橋 照代さん 中田東在住 67歳

掲載号:2016年2月25日号

  • LINE
  • hatena

「歌が好き」その思い一つで

 ○…昨年9月に発足し、初の発表会を3月5日に控える。出演者はおよそ140人。「60代はまだ若い方。でも足が悪くて杖を使っている方も、舞台に立つときは杖なしで生き生きと歌っていらっしゃいますよ」とほほ笑む。朝9時半から夕方6時まで、丸1日かけた門出の大舞台。何度も口にするのは「とにかく皆さんに1日を楽しく過ごしていただきたい」というシンプルで強い思い。区舞踊協会や地元の歌手らも駆けつけ、華を添える。

 ○…区内で5つの教室で講師を務める。歌を始めたのは30代のころ。歌声を聴いた友人に「教えて」と言われたのがきっかけだった。「家で歌っていたら外に聞こえちゃってたみたい。でも教えるほどでもないし、じゃあ一緒にカラオケの会を作ろうよという話になって」。そうして仲間と立ち上げたのが、二十数年続いた区カラオケ協会だったが、会長が亡くなり、会は昨年解散。このまま生徒の発表の場がなくなってしまっては…と、元会員で新たに「いずみ歌謡協会」立ち上げた。

 ○…「ただただ歌が好き」と満面の笑みを見せる。若いころ、家で何度も聞いたのは大好きな美空ひばりのレコード。初めはうるさがっていた父も、娘や母の影響か、いつしか家族で楽しむようになった。95歳になった母は発表会を楽しみにしている一番のファンだ。歌のほかに心惹かれるのは花。きれいな花を見かけるとつい鉢植えを買ってしまい、自宅は花でいっぱいになるという。「自分が派手なので、鮮やかなものが好き」と明るく笑う。

 ○…芯が強く、姉御肌で頼りがいがあると仲間からの信頼も厚い。発表会では生徒の合いの手とともに『見返り小町』で場を盛り上げる。年々華やかになっているという出演者の衣装も見どころだ。「歌は本当に楽しい。そして家族や周囲の皆さんの応援が何よりの励み。まだ小さな会ですが、努力して大きくしていきたい」と意気込む。

泉区版の人物風土記最新6

田中 完さん

中田中学校の技術科教諭で生徒を国際的ロボットコンテストの全国大会へ導いた

田中 完さん

泉区在住 56歳

9月23日号

佐藤 茂さん

区内では異例の1万3000アクセスを誇る自治会ホームページを管理する

佐藤 茂さん

和泉中央南在住 74歳

9月16日号

美濃口 俊雄 さん

区内初のキャンプ場「自然館泉ベリーキャンプ場」をゆめが丘にオープンした

美濃口 俊雄 さん

下飯田町在住 73歳

9月9日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長に新たに就任した

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月2日号

丹生谷  佳惠(にゅうのや かえ)さん

プロピアニストで中田ふれあいの樹林で青空コンサートを行う

丹生谷 佳惠(にゅうのや かえ)さん

中田東在住

8月26日号

小倉 正さん

国際ロータリー第2590地区のガバナーに就任した

小倉 正さん

中区真砂町在勤 77歳

8月19日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook