泉区版 掲載号:2016年3月17日号 エリアトップへ

歌で街の元気を応援 明るい復興を共に目指し

社会

掲載号:2016年3月17日号

  • LINE
  • hatena

 「震災後の自粛ムードの中で、音楽の役割ってなんだろう」―。戸塚区で行っている地元商店の応援を、福島でも復興支援として、今まで実行してきたkaho*さん。除染作業が進む中、町おこしに力を入れる福島県田村郡小野町の観光大使を2014年10月から務めている。「小野町に歌いに行くと、被災地を応援しにいったつもりでも、元気をもらって帰ってきている」と気付かされているという。

 震災後の東北との関わりは、所属音楽事務所が行ったイベント「ふくしまへおくる〜皆で送る想いを虹に〜」がきっかけ。イベント内で来場者から募ったメッセージを福島県郡山市の避難所へ届けた。その一つの街との縁が県内の他の街ともつながり、次第に夏祭りや文化祭などに呼ばれるように。

 「横浜でやってきた『音楽で街を盛り上げる』が福島でもできているのかも」と実感し始めた。そんな時出演した小野町のイベントで、知り合った商工会青年部からご当地グルメのテーマソング制作依頼を受けた。「苦しいこともあるはずなのに、ラフに楽しみながら復興している小野町の人たちの姿から、ポップで面白い曲を目指した」。今年1月も、同町の成人式で行ったコンサートで歌ってきたばかり。「耳に残る曲で、街の手助けができれば」と歌で応援し続けていく。

東日本大震災から5年―。被災地を思い活動する市内の個人・団体を紹介します。

泉区版のローカルニュース最新6

横浜市泉区役所で2月15・22日に地域活動の広報を学ぶ講座

相模鉄道が3月末まで「ゆめきぼ切符キャンペーン」開催中

横浜市泉区内の読書マップが完成 今後配架も

3回目接種 さらに前倒し

3回目接種 さらに前倒し 社会

市、28日から接種券発送

1月27日号

30周年に意気込み

横浜F・マリノス

30周年に意気込み スポーツ

新体制発表

1月20日号

大河ドラマゆかりの地紹介

『鎌倉殿の13人』

大河ドラマゆかりの地紹介 文化

県と市、特設ウェブページ開設

1月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月13日0:00更新

  • 1月6日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook