泉区版 掲載号:2016年3月17日号 エリアトップへ

歌で街の元気を応援 明るい復興を共に目指し

社会

掲載号:2016年3月17日号

  • LINE
  • hatena

 「震災後の自粛ムードの中で、音楽の役割ってなんだろう」―。戸塚区で行っている地元商店の応援を、福島でも復興支援として、今まで実行してきたkaho*さん。除染作業が進む中、町おこしに力を入れる福島県田村郡小野町の観光大使を2014年10月から務めている。「小野町に歌いに行くと、被災地を応援しにいったつもりでも、元気をもらって帰ってきている」と気付かされているという。

 震災後の東北との関わりは、所属音楽事務所が行ったイベント「ふくしまへおくる〜皆で送る想いを虹に〜」がきっかけ。イベント内で来場者から募ったメッセージを福島県郡山市の避難所へ届けた。その一つの街との縁が県内の他の街ともつながり、次第に夏祭りや文化祭などに呼ばれるように。

 「横浜でやってきた『音楽で街を盛り上げる』が福島でもできているのかも」と実感し始めた。そんな時出演した小野町のイベントで、知り合った商工会青年部からご当地グルメのテーマソング制作依頼を受けた。「苦しいこともあるはずなのに、ラフに楽しみながら復興している小野町の人たちの姿から、ポップで面白い曲を目指した」。今年1月も、同町の成人式で行ったコンサートで歌ってきたばかり。「耳に残る曲で、街の手助けができれば」と歌で応援し続けていく。

東日本大震災から5年―。被災地を思い活動する市内の個人・団体を紹介します。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

写真で楽しむ「さくらまつり」

【WEB限定記事】

写真で楽しむ「さくらまつり」 社会

〜横浜市泉区編〜

4月2日号

サイトをスマホに最適化

サイトをスマホに最適化 社会

子育て世代の閲覧意識

4月2日号

区民ホールに金澤さんの書

泉区が定住意向1位

市民意識調査

泉区が定住意向1位 社会

4月2日号

ネット公開始まる

国宝・金沢文庫文書

ネット公開始まる 社会

4月2日号

里山ガーデン延期

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク