泉区版 掲載号:2016年4月14日号 エリアトップへ

精神疾患への理解促進に取り組むNPO法人シルバーリボンジャパンの代表 関 茂樹さん 泉区在住 34歳

掲載号:2016年4月14日号

  • LINE
  • hatena

ゆっくりでいい、まず一歩

 ○…うつ病、アルツハイマー病、自閉症など、脳や心に起因する疾患はさまざま。身近な家族からの理解も得られず、社会から距離を置いて生活を送る人も少なくない。「疾患・障害があっても少しずつ前に進んでいける。将来社会を支える力になり得る貴重な人材なんです」と訴える。

 ○…当事者の社会復帰と社会の理解促進を目的に、昨年4月、就労継続支援B型事業所「ゆめが丘DC」を開所した。畳のへりを使ったバッグや小物、造花のフラワーアレンジメントなどを製作し、インターネットやフリーマーケットで販売している。開所から1年、利用者は42人にまで増加。へりを寄贈してくれる地元の畳店、製品展示の場を設けてくれたゆめが丘駅など、協力者の存在も活動を支える大きな力だ。目標とする「地域に根差した事業所」にも少しずつ近づいている。

 ○…「学生時代はやんちゃ坊主だった。そんな自分がまさか」。16年前に難治性のうつ病を発症し、不眠・不調が3年以上続いた。思い当たる節はなかった。悩まされたのは症状だけではない。身近な人からの理解が得られない辛さもあった。自身が当事者となって芽生えたのは「精神疾患のことを知ってほしい」という思い。精神保健福祉について独学で学び始め、通信制高校と夜間大学を卒業し、啓発活動に取り組んできた。「実体験したから分かる。ゆっくりでいいから、次のステップに進んでもらえたら」と穏やかに笑う。

 ○…点字や伝統工芸の魅力発信も兼ね、不要になった点字図書を使った封筒や福島の「赤べこ」の張り子作りも開始。これからの課題は製品の販路開拓だ。一方で、新たなプロジェクトの準備も進んでいる。家庭の事情などにより自立が必要となった、15〜20歳の子どもの援助を行う入居施設を事業所の隣に開設予定だ。「再開発が進むゆめが丘の地と一緒に成長していきたい」。また新たな一歩を地元とともに踏み出す。

泉区版の人物風土記最新6

佐藤 愼(しん)さん

立場地区センターなどの指定管理者「和(なごみ)の会」の新理事長に就任した

佐藤 愼(しん)さん

和泉中央北在住 77歳

7月22日号

鈴木 崇弘さん

横浜泉ロータリークラブの2021-22年度新会長に就任した

鈴木 崇弘さん

戸塚区在住 61歳

7月15日号

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

歌手デビュー50周年を迎える

アグネス・チャンさん(本名:金子 陳美齢チャン メイリン)

 65歳

7月8日号

武関 いと子さん

泉区保健活動推進員会の会長を務める

武関 いと子さん

和泉町在住 72歳

7月1日号

松本 紀靖さん

緑園西小学校の児童へ野菜栽培体験のために畑を提供している

松本 紀靖さん

緑園在住 80歳

6月17日号

宿本 諒太さん

市内が拠点のY.S.C.C.横浜フットサルのキャプテンを今季務める

宿本 諒太さん

神奈川区在住 29歳

6月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter