泉区版 掲載号:2017年4月20日号 エリアトップへ

テアトルフォンテ ホールの天井、星空に 今年のフェスタは4月

文化

掲載号:2017年4月20日号

  • LINE
  • hatena
イベントの告知ポスターを持つ二村館長
イベントの告知ポスターを持つ二村館長

 泉区民文化センター・テアトルフォンテ(二村徹館長)で4月29日(祝)、入場無料のイベント「フォンテ・フェスタ」が開催される。恒例のイベントだが、今回は集客を見込んで開催時期を夏から春に変更。ホールでプラネタリウムが上映されるほか、以前は市民団体の出演が多かったステージにプロの音楽家らが登場するなど、新しい試みが行われる。

 同イベントは「地域の人に施設の魅力を知ってもらいたい」と、10年以上も続く恒例行事。しかし、同職員によると来場者は年々減少。2014年のイベント来場者は2200人だったのに対して、昨年は2000人だったという。「夏は遠出をする人が多いのでは」と今年は開催時期を見直した。職員は「少しでも多くの方に来ていただきたい」と話している。

 今年は、同イベント初の、プラネタリウムの上映をホールで試みる。上映される内容は「春の動物星座めぐり」と、泉区の夜空を映し出す「今夜の星座めぐり《泉区》」。各回先着50人で、当日午前9時半から同館総合受付で入場券が配布される。二村館長は「ホールはプラネタリウムにもなるのだという驚きとともに、施設では色んなことができるのだということを知ってほしい」と期待を込める。

 ほかにも、プロの音楽家らによる「キッズ&ファミリーコンサート」やバルーンアート教室など、新しい企画が並ぶ。

より身近な施設へ

 1993年に完成した同館。「当初は芝居専用小屋としてスタートしました」と二村館長。モダンな雰囲気が漂う館内を見回し「開館当初は、アカデミックなものを取り入れたイメージがあったため、一般市民の皆さんは入りにくかったのでは」と話す。現在は多目的ホールとして「親しみやすい、皆が集まれる場所」を目指す。「サークルの発表会などに気軽に使ってもらえれば」と区民に利用を呼びかけている。

 詳細は同館【電話】045・805・4000へ。
 

泉区版のトップニュース最新6

記念楽曲の映像完成

泉公会堂30周年

記念楽曲の映像完成 社会

区民や小学校が素材提供

10月21日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月21日号

標準服・校章決まる

義務教育学校緑園学園

標準服・校章決まる 教育

開校まであと半年

10月14日号

ATM前で商店街宣伝

横浜信用金庫和泉支店

ATM前で商店街宣伝 経済

立場の手描きマップ掲示

10月14日号

天王森のホタル、次世代に

天王森のホタル、次世代に 社会

育成グループが発足

10月7日号

認知症カフェ相次ぎ誕生

中田地区

認知症カフェ相次ぎ誕生 社会

回想法や音楽テーマに

10月7日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook