泉区版 掲載号:2017年9月14日号 エリアトップへ

援農ボラが活躍中 高齢者の交流の場にも

社会

掲載号:2017年9月14日号

  • LINE
  • hatena
ナスを収穫するボランティアら
ナスを収穫するボランティアら

 JA横浜が育成と確保に力を入れている農業支援ボランティア。人手不足が叫ばれる中、遊休農地の回復活動や労働力の補助として、地域の農家にとっては大きな力となっている。泉区でも現在男女23人が活躍中だ。

 JA横浜は、ボランティアとして活動する人材を増やすことで、農家の人手不足の解消や遊休農地の回復につなげようと、市内北部で2013年から「援農ボランティア」をスタート。泉区など南部では15年から始まった。

 JA横浜によると、現在区内で活動する23人は大部分が定年退職後の65歳以上だ。共通しているのは「体を動かしたい」「時間を有効に使いたい」「誰かの役に立ちたい」といった要望。農家でのボランティアが居場所づくりにもつながっている。

 ボランティアが行う作業の位置づけは研修。主に種植えや収穫、出荷作業を行っている。活動は、生産者が必要に応じて支援を依頼。依頼を受けたボランティアは決められた日時に農地などで作業する。

 ボランティアは、事前にJAの研修を受講し登録された後、作業を通じて農業技術の習得を目指す。農作業のみならず、子育てサークルや幼稚園・保育園などを対象に開催される収穫体験でもスタッフとして参加することもある。

仲間と一緒に収穫の喜び

 下飯田にある高橋久美子さん(45)の農地は、約17アール。現在、露地野菜を中心に夏はナスや枝豆、冬はブロッコリーなどを栽培している。

 14年に就農し、今年度から援農ボランティアを依頼したという高橋さん。8月17日から毎週木曜日、2〜3人のボランティアが作業に訪れている。「一人で野菜を育てていくのは大変。今年は人手が増えたので、収穫量も期待できる」と顔をほころばせる。

 取材当日、高橋さんの農地で収穫を手伝っていた荒木美春さんは、「気心を知れた仲間で和気あいあいと作業しているので、毎週の活動が楽しみ」と話した。

 JA横浜の横浜農業総合対策室の鈴木鉄也係長は「地域の農業を知ってもらえる機会として、さらに援農ボランティアという組織が確立することで、地域でのさまざまな課題を解決することができるのではないか」と話した。

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

電動空気入れ設置

泉区内地下鉄駐輪場

電動空気入れ設置 社会

市内企業が寄贈

10月22日号

業績たたえ大臣表彰

業績たたえ大臣表彰 社会

行政相談委員の町田さん

10月22日号

三枝さんがマイスターに

三枝さんがマイスターに 社会

伝統的な建築技術が評価

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 経済

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

「助っ人」の手で再生

鯉ヶ久保ふれあい樹林

「助っ人」の手で再生 社会

森林ボラが作業に参加

10月8日号

「公園おじさん」永年表彰

「公園おじさん」永年表彰 社会

緑園在住の佐野さん

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク