泉区版 掲載号:2018年2月22日号
  • LINE
  • hatena

力士と「ヨイショ!」 下和泉地区センターで餅つき

スポーツ

土俵で相撲を取る魁鵬と子どもたち
土俵で相撲を取る魁鵬と子どもたち

 下和泉地区センターで2月10日、餅つき大会が開かれ、大相撲・友綱部屋の力士らが登場した。

 イベントは昨年に続き2回目。この日は友綱部屋(友綱親方)に所属する旭鵬山、魁鵬、魁ノ若が訪れた。

 会場に用意されたのは2台の臼が置かれた餅つきのコーナーと、体育館内に設置された手製の土俵。事前に応募があった子どもたち約200人と保護者、地域の人が参加した。

 餅つきでは、子どもたちが魁ノ若と一緒に杵を持ち、「ヨイショ!」の掛け声とともに数回餅をついた。その後、同センターの職員や地域の住民が手伝い、餅の形を整えて、参加した人に配布した。

 体育館内の土俵には、ふんどし姿の魁鵬が登場。集まった子どもたちが5、6人がかりで相撲を取った。子どもたちが土俵際まで魁鵬を追い込むと、観覧する保護者から「がんばれ!」と声援が送られた。子どもたちが勝利すると会場からは大きな拍手が沸いた。さらに、保護者も参加して相撲を取り、会場を賑わせた。

 今回初めて参加した下和泉在住の5歳の男児は、「お相撲さんのお腹が柔らかかった。お餅をつくのが楽しかった」と満足したようすで語った。

泉区版のローカルニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク