泉区版 掲載号:2018年7月5日号
  • LINE
  • hatena

新生児聴覚検査を助成 早期発見へ県内初

社会

 横浜市は聴覚障害の早期発見と支援につなげようと、このほど県内で初めて新生児聴覚検査の費用助成を始めた。

 対象は、2018年7月1日以降に出生した赤ちゃんで【1】検査時点で横浜市に住民票がある人が出産した新生児【2】検査時点で横浜市に住民票がある生後60日以内の乳児。

 補助額は、AABR検査(自動聴性脳幹反応)が1件3千円、OAE検査(耳音響放射)が同1500円。区福祉保健センターで母子健康手帳と一緒に市内の協力医療機関で利用できる「新生児聴覚検査費用補助券」が交付され、医療機関での検査時に補助額との差額が自己負担となる。

泉区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク