泉区版 掲載号:2018年11月15日号 エリアトップへ

金沢区の作家 大島さん 隠された「浜空」の悲劇一冊に 本紙記事が調査の発端

文化

掲載号:2018年11月15日号

  • LINE
  • hatena

 金沢区在住のノンフィクション作家、大島幹雄さんによる新書「語り継ぐ横浜海軍航空隊」がこのほど出版された。横浜有数の桜の名所である富岡総合公園(金沢区)には、かつて「横浜海軍航空隊」(浜空(はまくう))の基地があった。同書では、隊員らがこの基地から出発し南太平洋のソロモン諸島で戦った実録を、丁寧な取材をもとに克明に描いている。

 1942年6月のミッドウェー海戦後、戦局の最前線となっていたソロモン諸島。ガダルカナル島では日本軍による航空基地建設が進み、浜空はこの近くに位置する2島周辺を「ツラギ」と呼び、哨戒(敵機への警戒)のための拠点にしていた。戦闘が起きたのは同年8月。基地建設を察知した米軍が、ガダルカナルとツラギの攻撃を行う。1万人以上のアメリカ兵が海から空から攻撃してきた。しかし浜空はもともと偵察・哨戒を主な任務とする部隊。わずかな武器しかない状態で洞窟に身を隠しつつ、2日間にわたり抵抗したものの、数人のみを残し数百人の尊い命が奪われてしまう。

 「玉砕」は大本営によって固く隠された。この事実を伝えようとしたのが、九死に一生を得た浜空の元隊員らだった。大島さんは「この悲劇を語り継いできた人がいたことを残さねばという気持ちで書き上げた」と語る。

「今のうちにやらなきゃ」

 「富岡に住んで30年経っていたが、浜空の存在は知らなかった」と大島さん。本格的に調べはじめたきっかけは約4年前。毎年春に富岡総合公園で行われている「浜空戦没者慰霊祭」について取り上げた、本紙金沢区版の記事を読んだことだ。取材対象は90歳前後と、高齢の人も多く「今のうちにやらなきゃという思いも強かった」と話す。

 現在、慰霊碑の周りを掃除するのが日課になったという。「最近落ち葉が増えてきたので、この本の原稿料で落ち葉掃除機を買うのがささやかな楽しみ」とほほ笑む。

 同書は有隣新書より1000円(税別)で販売中。新書版220ページ。

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

「大きくなあれ」

「大きくなあれ」 社会

和泉町で農業体験

5月23日号

希望苑にオーケストラ

げんきっこが200人

こどもログハウス

げんきっこが200人 社会

5月23日号

火災保険を学ぼう

補償の範囲や金額は?

火災保険を学ぼう 社会

シニア男性向け講座

5月23日号

所属委員会決まる

横浜市会

所属委員会決まる 政治

5月23日号

スワッグづくり

区の花「あやめ」あちこちに

区の花「あやめ」あちこちに 社会

ケアプラ窓には手作りアートも

5月16日号

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク