泉区版 掲載号:2019年2月28日号 エリアトップへ

2019年度区予算案 テーマは住むなら泉区 定住・転入促進に注力

社会

掲載号:2019年2月28日号

  • LINE
  • hatena
区予算について説明する額田樹子区長
区予算について説明する額田樹子区長

 泉区の2019年度「個性ある区づくり推進費」(自主企画事業費)の予算案がこのほど明らかになった。「魅力ある泉区づくり」など合わせて6つの施策で9596万円を計上した。

 自主企画事業費は、地域のニーズに応じて個性ある区づくりを推進するための予算。19年度の予算案では「これからも住み続けたい、住みたいまち泉区」をテーマに、魅力的で持続可能なまちづくりをめざした6つの施策を柱としている。

 特に重点を置くのは「魅力ある泉区づくり」だ。区役所は現在、各地区で形成されている様ざまなシーンでのコミュニティは泉区の宝であるが、担い手の高齢化が顕著であると分析。今ある地域活動を次世代へつないでいくためにも、現居住者に地域との関わりを深めてもらうだけではなく、新たに居住地として選ばれ、転入者を増やすことが喫緊の課題というわけだ。

 そこで、まず区内外に向けて暮らしの視点での情報発信に力を入れていく。特に若年世代を中心に居住地としてのイメージと魅力を伝えようと、交通アクセス、ライフスタイル、子育て支援などの生活情報を中心にウェブサイトで発信。このほか、話題づくりに向けて新たなコンテンツも作成予定だ。また同時にインスタグラムなどのSNSやパンフレットの活用を進める。額田樹子区長は「『住むなら泉区』が合言葉。魅力を効果的かつ継続的に発信し、居住地として選ばれるかがポイント」と力を込める。

 また、2019年度下期に予定されている相鉄とJRの直通線開通を、相鉄いずみ野線エリアのにぎわいにもつなげたい考え。通勤・通学などに便利な立地をアピールし、開通時期に合わせて鉄道事業者と連携してイベントも開く予定。

魅力発信と地力強化

 魅力発信の一方で、まちとしての地力を蓄え発揮することにも注力。具体的には、活動と担い手支援による「地域のつながりづくり」、防災・防犯などの「安全・安心なまちづくり」、地域包括ケアの推進による「高齢者・障害者支援」、出産前からの「子育て支援」、情報を区民に的確に発信・提供し「身近で利用しやすい区役所づくり」を念頭に各種事業を進めていく。

 額田区長は「今年はラグビーワールドカップやアフリカ開発会議など、世界的なイベントが盛りだくさん。泉区としても積極的に関わり、区民のみなさんとともに、活気ある区づくりに全力で取り組む」と話した。

泉区版のトップニュース最新6

新商品で地元農家応援

緑園の洋菓子店

新商品で地元農家応援 社会

上瀬谷産の南米果実使用

9月23日号

「車の右左折、特に注意を」

秋の全国交通安全運動

「車の右左折、特に注意を」 社会

泉警察署・柴田署長に聞く

9月23日号

ロボコン全国舞台へ挑戦

中田中生徒有志

ロボコン全国舞台へ挑戦 社会

同校から2大会連続出場

9月16日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

コロナ下活動の助言講座

コロナ下活動の助言講座 社会

支援センターが主催

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月16日0:00更新

  • 9月2日0:00更新

  • 8月26日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

WEB限定記事

横浜エクセレンス観戦チケットプレゼント

10月2日、横浜武道館

10月1日~10月2日

泉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook