泉区版 掲載号:2019年3月14日号
  • LINE
  • hatena

新橋の未来を語る 児童が総合学習の成果を発表

社会

まちづくりについて話し合う児童と地域住民
まちづくりについて話し合う児童と地域住民

 新橋小学校4年3組の児童と地域住民による「まちの未来を語り合う会」が3月6日に開かれた。1年間を通した総合学習の成果を発表し、これからの町づくりについて互いに意見を交わした。

 同クラスでは地域愛をより深めようと、昨年6月から総合学習の時間を使い、地域と自分たちの繋がりを考えてきた。

 地域活動の従事者や区役所職員らの協力による調べ学習、独自の住民アンケートなどから浮かび上がったのは、自分たちも気づいていなかった「ゴミのポイ捨て」といった地域の課題。そこで児童たちは「自分たちにもできることで行動を起こそう」と、自主的に通行マナーの順守を呼びかける朝の見回りやゴミ拾いに取り組んでいた。

 この日は、今までの活動の集大成として、36人の児童が6班に分かれこれまでの取り組みと成果について地域住民に報告。後半では「町からゴミを無くすには」「事故を防ぐには」といった根本的な解決策を探った。

 参加した新橋連合自治会相談役の大貫芳夫さんは「皆さんの立派な取り組みのおかげで、新橋はより一層、明るく温もりのあるまちに育っていくでしょう」と話した。担任の圡田航一郎教諭は「進級して活動自体は一区切りだが、新橋を大切にする気持ちを持ち続けてほしい」と話した。
 

泉区版のトップニュース最新6件

泉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク