泉区版 掲載号:2019年4月4日号 エリアトップへ

手裏剣打大会 野口さん 最年少で初優勝 史上最高得点で

掲載号:2019年4月4日号

  • LINE
  • hatena
優勝者に贈られる純金手裏剣を手にする野口さん
優勝者に贈られる純金手裏剣を手にする野口さん

 三重県伊賀市の伊賀流忍者博物館で3月10日、「第10回伊賀流手裏剣打選手権大会」が開催され、旭区在住の野口晃希(こうき)さん(18、忍者名・弥圓(やえん)佐助)が史上最年少で初優勝を達成した。

 同大会は忍者の手裏剣打ちの技量を競い合うもので、今年は全国7会場の予選を勝ち抜いた41人が出場。野口さんは的中点数170点、評価点38点の計208点を獲得し、大会史上、最高得点だった。

 昨年は3位だった野口さん。同大会は今年が最後の開催でもあるため、「絶対に優勝したかった」と話す。3歳から修行する「四季の森忍術道場」の代表で師匠の池辺政昭(忍者名・柔兵衛)氏は、今大会3位に入賞。「師匠からも『優勝してほしい』と言われていた。恩返しができた」と喜ぶ。

 前大会からの一年間はプレッシャーも多く、「自分との究極の戦いをしてきた」と振り返る。「手裏剣打ちは2割が技術で8割が精神面」と考え、瞑想を習慣にし、毎日100投打つ稽古を続けてきた。「稽古環境にも恵まれ、多くの人に支えられての優勝」と感謝の言葉を繰り返していた。

フリーで活動

 野口さんは先月、泉区の高校を卒業。今後はフリーで活動し、自身の稽古を重ねるほか、道場やキッズ教室での指導、ステージショーへの出演などを行っていく予定だ。

 古来より続く「棒手裏剣」を広めるため、1月には新流派の「弥圓流」も立ち上げた。野口さんは「目標は忍者の文化や精神を世界に発信していくこと」と話した。

泉区版のローカルニュース最新6

バドミントンで親睦

バドミントンで親睦 スポーツ

即席ダブルスで試合

6月10日号

2年ぶりの熱戦始まる

親善交流ジュニアリーグ

2年ぶりの熱戦始まる スポーツ

少年野球57チームが競う

6月10日号

動画とパネルで健康学ぶ

動画とパネルで健康学ぶ 社会

区役所でイベント

6月10日号

ヒガンバナを植え付け

中田中央公園

ヒガンバナを植え付け 社会

来園者からの寄贈も

6月10日号

福田峰之氏が出馬へ

横浜市長選

福田峰之氏が出馬へ 政治

IR誘致は「ニュートラル」

6月10日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月10日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter