泉区版 掲載号:2019年6月27日号 エリアトップへ

いずみ中央地域ケアプラザ 毎朝ラジオ体操13年目 相互の体調確認の場にも

社会

掲載号:2019年6月27日号

  • LINE
  • hatena
並んで身体を伸ばす参加者たち
並んで身体を伸ばす参加者たち

 いずみ中央地域ケアプラザ(和泉中央北)でラジオ体操が始まって今年で13年目。年末年始を除いて毎朝欠かさず行われ、今では体操をするだけでなく、住民同士の交流や健康状態の確認の場にもなっている。

 元々は職員たちのメタボ予防や体調管理のため、2007年から始まったというこの取り組み。円形の駐車スペースは皆で顔を合わせて体操をするのにも最適だった。その後、気軽にできる運動として地域からの参加も募ろうと呼びかけを始めたところ、参加者が徐々に増えていった。今では毎朝8時40分になると、どこからともなく人が集まり始め、多いときでは広場全体が埋まるほど。昨年1年間では合計6730人もの参加があったという。

 6月22日には地域住民ら約20人が集まった。この日は土曜日ということもあり、常連に加え、子ども達の姿も多くみられた。ただ体操をするのではなく、終わった後に一緒にお茶を飲んだり、花壇の手入れをするなど、地域住民の定期的なコミュニケーションの場としても機能している。

 参加者たちからは「決まった時間に予定を入れることで生活リズムが整ったし、おしゃべりも楽しい」と好評だ。職員たちにとっても、毎朝地域の人と顔を合わせていることで「顔色や動作に違和感がないかなど、参加者の健康状態の変化を確認するにもちょうどよい」という。同館の鈴木登志子所長は「地域の皆さんにとって、いつ来ても同じ場所、同じ時間にやっているということが大切だと思っています。もっと広めていきながらこれからも長く続けていきたい」と話した。

泉区版のトップニュース最新6

街想う当事者増やせ

泉区地域協議会

街想う当事者増やせ 社会

若者招き、意見交換会

2月20日号

防犯啓発にチラシ1万枚

横浜泉RC

防犯啓発にチラシ1万枚 社会

区安全メール登録を案内

2月20日号

療養者の備えリスト化

泉区役所

療養者の備えリスト化 社会

災害対策ファイル配布へ

2月13日号

過去最小の水準に

2019年市内出火率

過去最小の水準に 社会

火災件数も減少傾向続く

2月13日号

「おはなしの風」に助成へ

ヨコハマ市民まち普請事業

「おはなしの風」に助成へ 社会

いずみ中央に新拠点整備

2月6日号

長谷川さんが優秀賞

かながわ夢絵コンテスト

長谷川さんが優秀賞 社会

ほか区内小から4人入選

2月6日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク