泉区版 掲載号:2020年1月9日号 エリアトップへ

マハロサウンズが20周年 地域に響かす軽音楽

社会

掲載号:2020年1月9日号

  • LINE
  • hatena
リーダーを務める東さん
リーダーを務める東さん

 区内の各種イベントでもお馴染みの軽音楽バンド「マハロサウンズ」がこのほど、結成20年を迎えた。「求められる限り」とその演奏意欲に衰えはなく、今後も地域を中心にした活動を続けていく考えだ。

 マハロサウンズは、60代から80代までの10人で活動中。区内外の地域ケアプラザや高齢者施設、町内会の祭り等で演奏を披露するほか、伊勢佐木町や、藤沢市のライブハウスで定期的にコンサートを開いている。地域活動に積極的なのも特長で、泉区の人材バンクに登録し、ボランティア演奏や指導も行っている。

 元々は、ウクレレ教室受講者の有志6人からスタート。当初は、ハワイアン音楽を中心にステージに上がっていたが、行く先々で観客たちのリクエストに応えていくうちに、歌謡曲やジャズ、フォークソングまで幅広く演奏するようになったという。

 結成当初からリーダーを務める東良一郎さんは「みんな音楽が好き、ただそれだけの気持ちでここまでやってきた」と20年を振り返る。

 この間、メインギターが辞めたことをきっかけに、メンバーが段々と減り、解散の危機もあった。その度に「楽しみにしてくれる人たちもいるのに、ここで終わるのは悔しい」という思いが込み上げてきたという。バンド存続のために、楽器をやっている人の情報を聞きつければ、スカウトに出向き、スティールギターや、ドラムなど、バンドに必要なポジションを集めた。こうした日々の積み重ねが活動20年をつくっている。「マハロの意味の通り、これからも『ありがとう』の気持ちを込めて、一つひとつの演奏を大切にしていきたい」。

ライブの様子(提供写真)
ライブの様子(提供写真)

田近淳 司法書士事務所

相続・遺言・登記・債務整理・成年後見など法律の悩みご相談下さい。初回相談無料

http://www.tajika.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

医療体制拡充に56億円

横浜市

医療体制拡充に56億円 政治

コロナ第2、3波に備え

7月2日号

進む竹の"名所"づくり

進む竹の"名所"づくり 社会

「古都のような風情感じて」

7月2日号

手探りで新学校生活

市立小中

手探りで新学校生活 教育

7月に給食・部活再開

6月25日号

個性際立つ「いっずん」集結

個性際立つ「いっずん」集結 社会

区内10店舗の限定カレー

6月25日号

子育て者の声105件

すきっぷアンケート

子育て者の声105件 社会

滲むウィズコロナの難しさ

6月18日号

児童虐待、潜在化を危惧

横浜市

児童虐待、潜在化を危惧 社会

休校などで相談数「微減」

6月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月2日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク