泉区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

ツクイ横浜中田 利用者にアートのすすめ 制作通し意欲を後押し

社会

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena
「ぜひお越しください」と職員たち
「ぜひお越しください」と職員たち

 「デイサービスのアーティストたち」を合言葉に、在宅介護事業所のツクイ横浜中田(多田英二所長)が定期的に開いている作品展が利用者や家族の間はもちろん、地域でも評判だ。次回は3月4日からテアトルフォンテでの開催が決まっている。

 「ツクイ横浜中田」では、2014年の開所以来、楽しみながら継続できる機能訓練の一環としてレクリエーションに積極的に取り組んできた。当初は、畑作業や手芸、折り紙、塗り絵など「誰もが取り組みやすいプログラム」を意識していたが、職員らが利用者の創作意欲とスムーズな作業状況を見て、「手ごたえがあり、自信と笑顔につながるプログラム」へとシフトすることに。それが、本格的なアートへの挑戦の始まりだった。

 これまで取り組んできたのは、絵具などをボードの上に垂らし、マーブル状の模様を描く「ポーリングアート」やガラスの小瓶に花をオイル漬けにする「ハーバリウム」、切り絵などさまざま。活動成果は合同展示会等で発表、昨年は3つのイベントに出展している。参加は個人意思で自由。それでも完成した作品や、制作中の様子を見て「自分もやってみたい」という利用者が年々増えている。職員たちも利用者の作品制作が日常動作の回復はもちろん、創作以外の場面での意欲向上にも役立っていると感じている。

評価の声が励み

 2017年からはテアトルフォンテで同所利用者による単独展示を開始し、取り組みを家族や地域に発信している。来場者からは、作品に対する評価も高く、それは利用者にとって次へのモチベーションになっている。作品と制作過程の写真を収めた職員手作りのパンフレットは、今回の展示で15冊目になった。

 多田所長は「これからも笑顔と達成感が生み出せるよう、職員一同、全力でサポートしていきたい」と話した。

泉区版のトップニュース最新6

結成1年で全国初出場

ゲートボール「泉中田」

結成1年で全国初出場 スポーツ

精鋭の地区選抜 6月決戦へ

5月12日号

列車の位置情報を公開

市交通局

列車の位置情報を公開 社会

即時発信で利便性向上へ

5月12日号

葛野小そばに「こども食堂」

葛野小そばに「こども食堂」 社会

母らが運営 地域も協力

5月5日号

下和泉に集いのカフェ

下和泉に集いのカフェ 社会

善意のDIYでオープン

5月5日号

市政「不満」が最多

泉区

市政「不満」が最多 社会

市民意識調査まとまる

4月28日号

突然の花火に驚きと感動

泉区民応援プロジェクト

突然の花火に驚きと感動 文化

心がひとつになった夜

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

  • 3月24日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook