泉区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

上飯田町高垣さん 楽しむことが “リハ” パーキンソンに趣味で対抗

社会

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
高垣さん(右)と妻の敏子さん
高垣さん(右)と妻の敏子さん

 上飯田町在住の高垣照雄さん(69)は、パーキンソン病と闘いながら、リハビリを兼ねて様々な趣味活動にチャレンジし続けている。その根底にあるのは「自分を諦めず、人生を楽しむ」という熱い想いだった。

 パーキンソン病とは、脳の異常のために手足のふるえや筋肉のこわばりなど、体の動きに障害があらわれる進行性の難病。高垣さんが発症したのは2006年、55歳の時だった。右の手足が動かしにくくなり、病院を受診。パーキンソン病と診断された。

 闘病生活も15年目。これまでも自家製のブドウを使ったワインづくりや、自宅の壁や床のリフォーム、週2回のグラウンドゴルフなど、リハビリを兼ねて何事にも積極的に挑戦してきた。「発症前より視野が広がり、出来ることも格段に増えた」と微笑む。

 今、一番熱中しているのはクラフト。幼少期の記憶の中にある風景を再現したいと、割り箸や空き箱などの身近な材料で、ログハウスや水車小屋などを作る。約1年前からスタートし「5年間で100軒制作」という目標は既に達成した。

夫婦二人三脚で

 進行は遅くなっているものの、全身の筋肉がかたくなり、毎日朝晩は身体を動かすことさえ困難。そのため、薬を飲むのが欠かせないが、副作用で身体の揺れが止まらなくなることも。それでも笑顔を絶やさずにいられるのは、妻・敏子さんの支えがあるからだ。毎月参加している町内会のサロンも夫婦の楽しみの一つで2人がクラフトを教えることも。「初心者でも楽しめるように」と説明書まで手書きで用意する制作キットは参加者たちからも好評だ。

 高垣さんは「最大のリハビリは人生を楽しむこと。自分と同じ境遇の人に勇気を与えられたら」と話した。

地域の絆を深めよう!

泉区自治会町内会への加入は区役所へお気軽にご相談下さい

http://www.izumikuren.net/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

市内家庭ごみが急増

市内家庭ごみが急増 社会

外出自粛のあおり受け

6月4日号

区長らが地域を訪問

区長らが地域を訪問 経済

事業者らへ支援制度案内

6月4日号

『銭天堂』が4位

こどもの本総選挙

『銭天堂』が4位 教育

横浜市出身・廣嶋さん著書

5月28日号

雲じぃじ、空旅”卒業”

雲じぃじ、空旅”卒業” 社会

自家用ヘリで空撮50年

5月28日号

「おうちで運動情報」一目で

【Web限定記事】

「おうちで運動情報」一目で 社会

区社協がまとめページ

5月21日号

軽症者用施設を開所

新型コロナウイルス

軽症者用施設を開所 社会

市、旧市民病院を活用

5月21日号

あっとほーむデスク

  • 6月4日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月21日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク