泉区版 掲載号:2020年7月16日号 エリアトップへ

泉区地域協議会 約1カ月遅れで開始 議題は「地域活動の維持・継続」

政治

掲載号:2020年7月16日号

  • LINE
  • hatena
課題検討依頼書を手にする深川区長(中央左)と協議会の松浦会長(中央右)
課題検討依頼書を手にする深川区長(中央左)と協議会の松浦会長(中央右)

 区政に地域住民の考えを反映させる枠組み「泉区地域協議会」の今年度第1回定例会が7月9日、泉区役所で開かれた。コロナ禍で当初より1カ月程度遅れてのスタートとなった今年度は「地域活動を維持・継続するために取り組むべきこと」について、各地区の代表者らが意見を交わしていく。

12地区代表者ら地域課題を議論

 泉区地域協議会は2009年にスタートした地域自治の取り組み。委員は1期2年で、区内12地区から地区経営委員会の推薦を受けた2人ずつが委嘱されている。会の位置づけは区長の私的諮問機関で、諮問答申、事業評価、地域課題の解決に向けた情報交換が主となっている。

 今年度は当初5月末に第1回を開催する予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響で7月に順延となっていた。

 この日の主な議題は深川敦子区長からの課題検討依頼。深川区長は地域活動の持続には人材、資金、場所の確保などに多くの課題があると指摘。

 また新型コロナウイルス感染症の拡大により地域活動の維持・継続の難しさと大切さをより一層感じるとした上で、今年度のテーマを「地域活動を維持・継続するために取り組むべきこと」に設定した。

 深川区長は「過去に経験のない社会情勢の中で、地域活動を維持・継続していくために地域と行政はどのように取り組むべきか、ご検討のほどどうぞよろしくお願いいたします」と協議会の松浦紀明会長へ課題検討依頼書を手渡した。

 昨年度に続き大役を務める松浦会長は「今後は課題検討部会で時間をかけて議論を深めていきたい」と話した。この日はそのほかに今年度の区の自主企画事業費である「個性ある区づくり推進費」の内訳などが委員に対して説明された。

 今後は9月から課題検討部会での議論を進めるほか、区内の各地区や他自治体での取り組み事例の情報交換などを行い、来年2月には課題検討に関する意見書を提出する予定。

定例会のようす
定例会のようす

泉区版のトップニュース最新6

コロナ禍で増加傾向続く

泉区内家庭ごみ

コロナ禍で増加傾向続く 社会

市「食品ロス削減を」

7月22日号

改定で浸水想定約5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定約5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

学習支援の動き進む

区内ケアプラザ

学習支援の動き進む 教育

いずみ中央は自習室開放

7月15日号

電話録音機を寄贈

遊技場協同組合泉支部

電話録音機を寄贈 社会

泉警察署へ200台

7月15日号

ゆめが丘にキャンプ場

ゆめが丘にキャンプ場 社会

「泉区の豊かな自然感じて」

7月8日号

熱中症に警戒を

泉消防署

熱中症に警戒を 社会

屋外等「適宜マスク外して」

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月22日0:00更新

  • 7月15日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter