泉区版 掲載号:2021年1月28日号 エリアトップへ

神奈川県高等学校総合文化祭の書道部門で2年連続教育長賞を受賞した 矢澤 良和(あいと)さん 横浜修悠館高校2年 16歳

掲載号:2021年1月28日号

  • LINE
  • hatena

筆に心を込めて

 ○…美術や音楽など26部門に分かれ毎年開催されている神奈川県高等学校総合文化祭。今回、書道部門では県内約70校から800点の応募があった。昨年に引き続き、最も優れた作品として実質1位の教育長賞を受賞。「結果を何度聞いても信じられなくて」と喜びを嚙み締める。作品「臨 書譜」は筆の抑揚や強弱等の表現が重要な草書の代表的な古典。約1300文字、2・4メートルの大作だ。

 ○…実は高校に入るまで全くの未経験だった書道。「入りたかった生物部が無かったので、試しに入ってみようかなって」。現在の顧問の誘いもあり、軽い気持ちで入部を決めた書道部。日々、部員の仲間と練習に励むうちに筆遣いの複雑さや、心の動きがそのまま書に表れる繊細さにいつしかのめり込むように。発表の場を重ね、才能は一気に花開いた。

 ○…常に図鑑を持ち歩くほど大の昆虫好き。特にチョウ類の生態に夢中で、小学生の頃から自宅周辺で独自に調査や採集を続ける。「定点観察は変化が目に見えるのが面白い」とこの日一番の笑顔。地元川崎市で確認されている約70種のうち、63種は既に発見済みだとか。先日、理科の授業で提出したチョウに関するレポートが教諭の目にとまり、横浜中地区の探究活動発表会への参加も決まった。

 ○…現在は8月に和歌山で開催予定の全国大会に向けて筆を走らせる毎日。「将来はやっぱり生き物に携わる仕事がしたい」と書道にはこれで一区切りつけるつもりだ。コロナ禍で開催自体も危ぶまれるが、高校生活の集大成として1文字1文字に心を込める。受験勉強もスタートし、しばらく忙しい毎日が続きそうだが自身のこれからを語るその瞳は希望に満ち溢れていた。
 

泉区版の人物風土記最新6

中盛 敦司さん

4月から資源循環局泉事務所の新所長を務める

中盛 敦司さん

和泉町在勤 52歳

4月22日号

飯笹 光男さん

横浜ガストロノミ協議会の理事長に就任した

飯笹 光男さん

西区在勤 57歳

4月15日号

谷原 章介さん

朝のニュース情報番組で初のメインキャスターを務める

谷原 章介さん

横浜市出身 48歳

4月8日号

坂本 光毅(こうき)さん

末期がんと闘いながら画業60周年記念個展を開く

坂本 光毅(こうき)さん

中田北在住 78歳

4月1日号

町田 佳子さん

横浜市内唯一のワイナリーで、旭区に農園がある「横濱ワイナリー」の代表

町田 佳子さん

横浜市内在住 

3月18日号

江尻 哲二さん

泉区災害ボランティア連絡会の副代表で防災のデジタル化に取り組む

江尻 哲二さん

緑園在住 83歳

3月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter