泉区版 掲載号:2021年2月25日号 エリアトップへ

春の全国火災予防運動 警報器で「逃げ遅れ」防止 消防署長・予防協会長に聞く

社会

掲載号:2021年2月25日号

  • LINE
  • hatena
泉消防署の小林修二署長(右)と泉火災予防協会の清水隆男会長(左)※写真撮影時のみマスクを一時的に外して頂きました
泉消防署の小林修二署長(右)と泉火災予防協会の清水隆男会長(左)※写真撮影時のみマスクを一時的に外して頂きました

 3月1日から7日まで春の全国火災予防運動が実施される。今年に入り、横浜市では住宅火災による死者が増加。泉区でも1月に延焼火災が発生している。泉消防署の小林修二署長と泉火災予防協会の清水隆男会長に、火事にならないためのポイントなどを聞いた。

 2020年に泉区内で起きた火災件数は24件。前年と比べて3件減少した。「自宅にいる人が多かった中で、火災件数が減少しているのは区民の防火防災意識が高まっている表れでは」と清水会長は分析する。

 出火原因はさまざまだが、主なものは放火・コンロ・タバコ。小林署長は「電気のコンセントなど、火災は見えないところから発生します。暖かくなる春先は暖房機器などを使う頻度が減ることで、ちょっとした油断が生じやすい時期。注意が必要です」と話す。

市内で死者増加

 泉区内では昨年2月を最後に8年続いた火災死亡者が出ていない(2月18日時点)が、市内では今年1月だけで住宅火災で4人が死亡した。これは昨年1年間の住宅火災死者数の約3割におよぶ。いずれも住宅用火災警報器が未設置または電池切れで作動せず逃げ遅れてしまうことで惨事につながった。

警報器、10年で電池切れも

 「死者発生の経過で最も多いのが『逃げ遅れ』です。住宅用火災警報器を設置することで早い避難や通報につながり、被害を最小限に抑えることになります」と小林署長は指摘する。

 2011年から全ての住宅に設置が義務化された火災警報器だが、電池式の場合の交換目安はおよそ10年。「点検用のボタンやひもで動作点検ができますので、定期的に確認することをおススメします。ホームセンターなどでも新品を購入できます」と日頃からの確認を呼びかける。最近では無線で別の部屋の火災感知を伝えてくれる機種もあるという。

 それでも完全に防ぐことが難しいのが火災。もし出火した際には、煙を吸わないように低い姿勢で早く避難することが重要だ。「日頃から複数の避難経路を意識するようにしましょう」と小林署長。

高齢者を火災から守る

 過去に発生した区内の火災死亡者の多くは高齢者。今年度、泉消防署では「高齢者を火災から守る」をテーマに啓発活動を行ってきた。小林署長は「今後も継続して、火災予防協会・消防団と一緒になって区民の安全・安心に寄与していきたい」と話した。

意識向上を啓発

 一方で区内の216事業所が加盟する泉火災予防協会では、各事業所の防火・減災対策や地域における家庭防災員への活動支援などを実施。このほか例年は区内小学生による防火ポスター表彰や、消防出初式での啓発活動などを行う。

 清水会長は「まず事業所で防火・減災に備えて、それを家庭で更に広めてもらい、一件でも出火を減らすのが我々の役割。防火意識の向上を図っていきたい」と意気込みを語った。

泉区版のトップニュース最新6

開校まであと一年

緑園義務教育学校

開校まであと一年 教育

標準服、校章など検討進む

4月22日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月22日号

フードドライブを開始

そうてつローゼン

フードドライブを開始 社会

区内3店舗が対象に

4月15日号

立場駅前で定期出店

区内地域作業所

立場駅前で定期出店 社会

報酬増へ販売場所確保

4月15日号

チームで魅力発信

泉区役所

チームで魅力発信 社会

#住むなら泉区 をアピール

4月8日号

蛇口の非接触化進む

泉区公共施設

蛇口の非接触化進む 社会

感染症対策で予算投入

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

  • 4月1日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter