泉区版 掲載号:2021年5月13日号 エリアトップへ

相模凧いずみ保存会 大凧、無念の飛翔断念も・・・

掲載号:2021年5月13日号

  • LINE
  • hatena
1.8m四方の小凧が曇天の空に舞い上がる
1.8m四方の小凧が曇天の空に舞い上がる

 5月5日のこどもの日に2年ぶりの実施を予定していた、相模凧いずみ保存会によるいずみ相模凧揚げ会。残念ながら悪天候のためにイベントは中止となったが、会場では会員たちが個人で独自に小サイズの凧を揚げた。

 気象庁のデータによれば横浜で最大瞬間風速16.9m/秒を記録したこの日。毎年この一日のために作成していた3m四方の大凧は、危険が伴うことから飛翔を断念。1.8m四方のサイズの小さい凧を、風が穏やかになった瞬間を狙って飛ばした。

 小凧と言っても個人で楽しむものよりははるかに大きい相模凧。糸が絡まないよう慎重にほどきながら風のタイミングを見計らって手を離すと、凧は勢いよく泉区の空に舞った。

 保存会の清水幸男会長は「強風で危険があったため、凧揚げ会としては中止としました。予定の時間に来ていただいた方には申し訳ありません」としつつ、「今年できなかった分を来年に向けて力を注いでいきたい。来年は2日間にするなど、広く見てもらえるような工夫をしたい」と話した。
 

泉区版のローカルニュース最新6

新型コロナ 横浜市泉区の陽性者、6月10日までの1週間で22人増

「肉じゃがパーティーだぁ」

「肉じゃがパーティーだぁ」 教育

緑園西小 6年生が収穫体験

6月17日号

青パトで地域見守り

戸塚法人会泉連合

青パトで地域見守り 社会

6月17日号

華麗な演技で観客魅了

聖火、公道走行中止に

聖火、公道走行中止に スポーツ

セレモニーは実施予定

6月17日号

オール弥生台 初の全国へ

ソフトボール

オール弥生台 初の全国へ スポーツ

6月17日号

あっとほーむデスク

  • 6月10日0:00更新

  • 6月3日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter