泉区版 掲載号:2021年7月22日号 エリアトップへ

泉区内家庭ごみ コロナ禍で増加傾向続く 市「食品ロス削減を」

社会

掲載号:2021年7月22日号

  • LINE
  • hatena
分別されていないごみを指摘する市職員
分別されていないごみを指摘する市職員

 長引くコロナ禍により在宅時間が増えている影響からか、泉区内でも家庭ごみの収集量が例年と比べて増加傾向にある。資源循環局泉事務所ではプラスチック製品の使用抑制やフードドライブ活用などでのごみ排出量削減を呼びかけている。

 同事務所によると、昨年一年間の泉区での家庭ごみ排出量は約2万4300トン(推定値)。2019年からは600トン近く増えており、新型コロナウイルスの感染拡大によるステイホームや、在宅中に自宅内の不用品処分を行う家庭が多かったことが原因ではないかと同事務所では指摘する。

 今年も1月から5月までの合計値で9815トン(同)となっており、昨年同時期の約1万トン(同)に匹敵する水準だ。同事務所の中盛敦司所長は「まずは排出量を減らすのが大事。プラスチック製品の使用を減らしたり、食料を寄付するフードドライブの活用で食品ロスを減らすなどしてほしい」と訴える。またごみ袋の破裂による収集員への感染リスクを下げるため、袋の空気を抜いたごみ出しへの協力を呼びかけている。

 その上で心掛けたいのが分別だが、こちらにもコロナ禍の影響が。これまで悪質なケースには収集員が中身を確認して住民に注意をしていたが、現在は感染防止を優先して開封確認を控えている。直接的な指導を行いにくくなっているのが現状だ。

上飯田地区で分別を啓発

 こうした中で上飯田地区では同事務所に依頼し、自治会町内会の環境事業推進委員と市職員で地域内のゴミ集積所の巡回を7月17日に行った。

 この日は台村自治会内のごみ集積所約10カ所を早朝から見回り。資源循環局の職員が排出されたごみを確認し、分別されていないものに収集不可のシールを張り付けた。

 当日は燃やすごみの収集日だったが、紙類として資源回収の対象となっているものが燃やすごみとして出されているケースも多く見受けられた。委員たちは市職員の分別説明にメモを取るなどしていた。

 台村自治会で同委員を務める浅田孝則さんは「職員からの講評を各自治会町内会でも共有し、少しずつ啓発活動を行っていきたい」と話した。
 

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

標準服・校章決まる

義務教育学校緑園学園

標準服・校章決まる 教育

開校まであと半年

10月14日号

ATM前で商店街宣伝

横浜信用金庫和泉支店

ATM前で商店街宣伝 経済

立場の手描きマップ掲示

10月14日号

天王森のホタル、次世代に

天王森のホタル、次世代に 社会

育成グループが発足

10月7日号

認知症カフェ相次ぎ誕生

中田地区

認知症カフェ相次ぎ誕生 社会

回想法や音楽テーマに

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

小川さんが市長賞

国際平和スピーチコンテスト

小川さんが市長賞 社会

「違いを認め合う心」訴える

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook