泉区版 掲載号:2021年9月16日号 エリアトップへ

中田中生徒有志 ロボコン全国舞台へ挑戦 同校から2大会連続出場

社会

掲載号:2021年9月16日号

  • LINE
  • hatena
チームの3人とコーチの田中教諭(後列)
チームの3人とコーチの田中教諭(後列)

 国際的なロボットコンテスト「WRO JAPAN」横浜地区予選で中田中学校の奥津陽太さん(2年)、大嶋慶二郎さん(同)、大久保篤人さん(同)のチーム「Oっ3(おっさん)」が満点で優勝。10月に予定されている全国大会への出場を決めた。

 WRO(World Robot Olympiad)JAPANは全国の小学生から高校生までを対象としたロボットコンテスト。プログラムにより自動制御する「自律型ロボット」を製作し、その技術を競う。

 同チームは基本技術を得点式で競う中級者を対象としたミドル競技で参加し、7月に新横浜で開かれた横浜地区予選を見事満点で通過。全国大会への推薦を勝ち取った。

 机上のカラーシートの色を読み取りながら、指定された方向に動き、ブロックを枠内に運び入れながらゴールを目指すこの競技。同チームのロボット「ぺボット」は、ブロックを掴むアームの開き方を工夫することで、物を掴みやすく落ちにくい構造に仕上げた。

全国大会はリモートに

 10月にリモートで開催される予定の全国大会。当日に発表される「サプライズルール」で競技ルールの一部追加変更がされるため、本番での高い応用力が求められる。それぞれが部活動に所属し、コロナの影響で練習時間も限られるなか、更なるレベルアップに向けて練習に励む3人。

 リーダーの奥津さんは「後悔の無いように楽しくやりたい」、大久保さんは「リモートでの大会は想像がつかないが、優勝を目指して頑張りたい」、大嶋さんは「完走できるように機体の調節を行っていきたい」と各々意気込みを語った。

 同校では技術の授業の発展として、2018年から同大会へのチャレンジを目的に有志が集まって活動。2019年には別の生徒がミドル競技地区予選で優勝、全国大会で3位という好成績を納めている。

 生徒たちをコーチとして支えるのが技術科の田中完教諭。同校赴任以前から様々な学校でロボットの魅力やプログラミングの技術などを伝えてきた。田中教諭は「集中力があり、3人の個性が光る笑いの絶えないチーム。全国大会も思い切り楽しんでほしい」とエールを送った。
 

自律型ロボット
自律型ロボット

泉区版のトップニュース最新6

記念楽曲の映像完成

泉公会堂30周年

記念楽曲の映像完成 社会

区民や小学校が素材提供

10月21日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月21日号

標準服・校章決まる

義務教育学校緑園学園

標準服・校章決まる 教育

開校まであと半年

10月14日号

ATM前で商店街宣伝

横浜信用金庫和泉支店

ATM前で商店街宣伝 経済

立場の手描きマップ掲示

10月14日号

天王森のホタル、次世代に

天王森のホタル、次世代に 社会

育成グループが発足

10月7日号

認知症カフェ相次ぎ誕生

中田地区

認知症カフェ相次ぎ誕生 社会

回想法や音楽テーマに

10月7日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook