泉区版 掲載号:2021年9月23日号 エリアトップへ

秋の全国交通安全運動 「車の右左折、特に注意を」 泉警察署・柴田署長に聞く

社会

掲載号:2021年9月23日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに応える柴田署長
インタビューに応える柴田署長

 9月21日から30日まで、秋の全国交通安全運動が行われている。昨年は交通事故死者が0人だった泉区だが、今年は8月末までに高齢者2人の命が交通事故によって失われている。高齢者が関係する事故を中心に、車の右左折時など被害者にも加害者にもならないためにも気を付けるべき点を、泉警察署の柴田直樹署長に聞いた。

 泉警察署の統計によれば、今年8月までの区内交通事故発生件数は、昨年同時期より4件多い164件。その中で高齢者が関係する事故は59件と、全事故の36%を占める。昨年同時期よりは10件少ないものの、県内平均(33%)と比べると若干高い水準となっている。柴田署長は「県下全体でも9月に入ってから8人(14日時点)の方が交通事故で亡くなっており、これは例年と比べても多い状況です」と警鐘を鳴らす。

正午前、午後2時過ぎ事故多発「魔の時間帯」

 一般的には朝・夕の通勤時間帯に事故が起きるケースが多いとされている。泉警察署が過去5年間の事故をまとめたところ、高齢者が関係する事故の場合は被害・加害ともに午前10時〜12時、午後2時〜4時のあいだで比較的多く発生していることが分かった。

 「ちょうどスーパーなどに買い出しに行く人が多い時間帯にあたる」と柴田署長は指摘。その上で「過去5年間に歩行中事故に遭った死傷者のうち、自宅との距離が500m以内だった人が約半数」と、普段通り慣れた道で事故に遭う危険性に言及した。

 実際に泉交通安全協会が毎週メールで配信している「泉区ココ事故情報」でも、路外施設の出入りの時に事故が発生したケースが多く報告されている。

 同様に過去5年間で高齢ドライバーの事故原因として一番多かったのが、右左折時の車両同士の事故。「右左折時の事故が多いのは高齢者に限らず全年代で同じ。前方に気を取られるあまり、左右の確認が不十分で事故につながるケースが多い」という。

 柴田署長は「報告を聞いていると、ドライバーが注意すれば防げていた事故も多い。全体を見回す運転を心掛けてほしい。歩行者は近所だからといって油断せず、交差点などでは安全確認を」と呼び掛けた。

 泉警察署では自治会町内会、シニアクラブなど区内団体を対象に、警察署員が講師となって交通安全講習を随時行っている。詳細は泉警察署【電話】045・805・0110交通課へ。

泉区版のトップニュース最新6

記念楽曲の映像完成

泉公会堂30周年

記念楽曲の映像完成 社会

区民や小学校が素材提供

10月21日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月21日号

標準服・校章決まる

義務教育学校緑園学園

標準服・校章決まる 教育

開校まであと半年

10月14日号

ATM前で商店街宣伝

横浜信用金庫和泉支店

ATM前で商店街宣伝 経済

立場の手描きマップ掲示

10月14日号

天王森のホタル、次世代に

天王森のホタル、次世代に 社会

育成グループが発足

10月7日号

認知症カフェ相次ぎ誕生

中田地区

認知症カフェ相次ぎ誕生 社会

回想法や音楽テーマに

10月7日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook