泉区版 掲載号:2022年5月19日号 エリアトップへ

泉消防団 昨年度入団者が市内1位 充足率も最高を記録

社会

掲載号:2022年5月19日号

  • LINE
  • hatena
尽力した広報団員確保部会のメンバー
尽力した広報団員確保部会のメンバー

 泉消防団(石井正志団長)の昨年度入団者数60人が、横浜市内18区全20団中で最多となり、定員に対する充足率もここ数年で最高の95・6%に上ったことがわかった。団関係者らは「熱意ある方たちが入団してくれた。今年度こそ100%を目指す」と意気込む。

 消防団は、自営や会社員、学生、主婦といった普段は本業を持つ地域住民らが、災害時などに消防・救助活動を行う非常備の消防機関。市内には20団が設置されており、泉区では戸塚区から分区した1986年から組織されている。

最低から奮起

 消防団の定員は条例で定められており、泉区は480人。管轄地域の面積など人口ベースではないため、世帯数が倍以上ある神奈川区の430人と比較しても大きい数字だ。

 泉消防団は2021年4月1日時点で充足率85・2%と、定員に対し71人不足。市内最低を記録していた。

 こうした状況に危機感を募らせ、団では「仲間を増やそう」と団結。有志約20人で広報団員確保部会をつくり、団員増加の取り組みを進めた。

女性、若年層にも焦点

 同部会では、活動周知のため消防団募集チラシを作成。自治会や事業所の協力で直接説明の機会を設けるなど奔走した。

 市内で2番目の少なさだった女性団員数についても、現役女性団員をモデルにポスターを制作するなど勧誘を強化。消防署もホームページを年30回更新するなど支援し、若年層向けの広報も充実させた。

 また同団では、市内でも例のない取組として、入団前に実際の活動を知ってもらおうと体験の場を提供。昨年度は20人以上が体験後に入団したという。消防署は「活動を理解したうえで入団することで継続性にもつながる」と評価している。

 こうした活動が実を結び、昨年度一年間で60人が入団。市内でも最多となった。入団者のうち4割にあたる25人が女性、高校生3人、大学生5人と若年層も増え、バランスの良さも際立つ。

 石井団長は結果を受け、「一年かけ、団員たちが地道に思いを伝えた成果」とし、「熱意のある人たちが入ってくれた」と喜ぶ。一方で、目標とした充足率100%には届かなかったことから、「いざという時に消防団は必要。縁の下の力もちとして力を発揮できるように、今年度こそ100%を」と話した。

放水訓練を行う新団員
放水訓練を行う新団員

眼科再開しました

西横浜国際総合病院 TEL:045-871-8855

https://www.nishiyokohama.or.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

ボトル付飲料を共同開発

フェリス生×A.cafe

ボトル付飲料を共同開発 教育

CO2排出削減目指す

6月30日号

5区は泉・戸塚のみに

衆院区割り案

5区は泉・戸塚のみに 政治

瀬谷区が13区へ

6月30日号

広がる「ラジオ体操」の輪

緑園地区

広がる「ラジオ体操」の輪 スポーツ

交流と健康づくり目指し

6月23日号

7月に60回目の公演

劇団年輪

7月に60回目の公演 文化

「失敗」乗り越える姿を表現

6月23日号

土曜の地域食堂「居場所に」

弥生台

土曜の地域食堂「居場所に」 社会

NPO「だんだん」が運営

6月16日号

泉区の魅力を共有

市職員発写真カレンダー

泉区の魅力を共有 文化

好評受け、DL可能に

6月16日号

あっとほーむデスク

  • 6月23日0:00更新

  • 6月16日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook