神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
泉区版 公開:2023年3月2日 エリアトップへ

ピアノ調律師として無償での学校のピアノ調整にも取り組む 横山 彼得(ペテロ)さん 緑園在住 62歳

公開:2023年3月2日

  • LINE
  • hatena

ピアノの「歌声」を子どもに

 ○…緑園の(有)ピアノクリニックヨコヤマで代表を務めるピアノ調律師。社名は「他の人がさじを投げたピアノも見捨てない」という強い意志を込めて35年前に付けたものという。「単にチューニングするだけじゃなく、音色まで調整するのが調律師」。国内外のピアニストから厚い信頼を受ける一方、学校や幼稚園に出かけ、無償でのピアノ調整も続けてきた。「子どもたちには良い音を聴かせてあげたいから」

 ○…20代の頃は国内のピアノメーカーに勤め、日々多くの件数をこなさなければならなかった。ピアノともっと向き合いたいと27歳の時に独立し、コンサートホールに通っては先輩調律師の技術を目と耳で学んだ。収入源は夜中のファミレスでのアルバイト。そんな中でオーストリアを代表するピアニストのイェルク・デームスと出会った。同氏に「ウィーンに来てくれ」と請われ、自宅や別荘の調律を任された。欧州の音楽にふれ、感性をさらに磨いた。

 ○…熊本県出身。父のレコードから聴こえたクラシック音楽が心地良かった。中学のブラスバンドではトロンボーンなどにもふれたが、ピアノは苦手だったという。そのため音大進学は諦め、「表現者になれないのなら陰で音楽を支える人になりたい」と様々な仕事を模索し、ピアノ調律師という天職と出合った。

 ○…「子どもの頃、ピアノの音がイヤだったんです」。学校をはじめ、日本の多くのピアノが調整されている音色(おんしょく)が苦手だったと明かす。「そのピアノが出したがっている音を探って調整すれば、ピアノは歌うようになる」。温かく豊かな響きを、子どもの頃に聴いていたらもっと好きになれたのに――。そんな思いが今の子どもたちへ注がれ、原動力となり続けている。

泉区版の人物風土記最新6

梶村 祐介さん

ジャパンラグビーリーグワン・横浜キヤノンイーグルスのキャプテンを務める

梶村 祐介さん

28歳

12月7日

平山 俊一さん

緑園学園で初の女子児童向け野球体験イベントを開催した

平山 俊一さん

緑園学園野球部顧問 32歳

11月30日

吉田 礼児さん

泉区商店街連合会の副会長としてプレミアム付商店街事業を担当する

吉田 礼児さん

中田東在住 52歳

11月23日

足助(あすけ) 久美子さん

スケッチ教室の講師を務め、このほど4年ぶりに個展を開く

足助(あすけ) 久美子さん

和泉町在住 60歳

11月16日

緒方 漣さん

U-18ベースボールワールドカップでMVPに選ばれた

緒方 漣さん

横浜高校3年 18歳

11月9日

飯塚 美都里さん

フェリス女学院大学大学祭の実行委員長として11月3日・4日の開催を控える

飯塚 美都里さん

フェリス女学院大学3年

11月2日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月30日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2023年12月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook