神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
泉区版 公開:2023年11月16日 エリアトップへ

スケッチ教室の講師を務め、このほど4年ぶりに個展を開く 足助(あすけ) 久美子さん 和泉町在住 60歳

公開:2023年11月16日

  • X
  • LINE
  • hatena

特別でない日常も宝物に

 ○…下描きせず思いきりよくペンを走らせ、透明水彩絵の具で仕上げる水彩スケッチ。市内各地で教室の講師を務め、11月23日から28日までアートギャラリー山手で4年ぶりの個展を開く。海外の風景を描くことが多かったが、コロナ禍もあって今回は地元を中心に描いた作品30点を展示。「特別な場所に行かなくても、身近なところに素敵なものがある」

 ○…持ち歩くのはペンとスケッチブックだけ。その手軽さもペンスケッチの魅力という。帰ってから色をのせるが、「あまりリアルな色を塗るというより、雰囲気が大事。あくまで主役は線なので」。きれい過ぎる風景よりは、街角など多少雑多な方が好みという。「そこに人がいるというのを描くのが好きです」

 ○…保土ケ谷区出身。高校卒業後は銀行に勤めたが、結婚を機に別の仕事を考えた時、やってみたかったのがデザインの仕事だった。カルチャースクールで学んだ後、CDショップなどの店頭に並ぶPOPクリエイターとして働き、「絵を添えられたら」と本屋でたまたま出会ったのが永沢まことさんのペンスケッチの本だった。教室で腕を磨いていき、仲間と絵を描く目的で旅行に出かけたことも。「同じ場所で描いても、人によって描きたいものは違う。個性が表れるのが面白い」

 ○…現在は夫と猫との3人暮らし。頭の中は絵と猫と、野球という。「昔から掛布が好きで…」と根っからの阪神ファン。先日の日本シリーズ中にはチケットもないまま、甲子園を描きに出かけたほど。家には愛猫を描いた作品も飾られており、「特別なことは必要なくて、道具も少ない。目の前の食べ物を描いてみても楽しい」。日々を楽しみながら、スケッチ画の楽しさを伝え広めている。

泉区版の人物風土記最新6

三善 幸夫さん

能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第一次派遣で大隊長を務めた

三善 幸夫さん

横浜市内在住 60歳

3月28日

中山 懐利(かねとし)さん

3月末で閉校するいずみ野小学校の学校運営協議会会長を務める

中山 懐利(かねとし)さん

和泉町在住 86歳

3月21日

平川 一博さん

60周年記念誌を発行した和泉町わかば会の会長を務める

平川 一博さん

和泉中央北在住 70歳

3月14日

成田 はるかさん

昨秋に続き、3月30日に和泉遊水地でのフリマを企画している

成田 はるかさん

上飯田町在住 43歳

3月7日

小松 久子さん

全国大会で実績を挙げている横浜緑園高校軽音楽部を顧問としてけん引する

小松 久子さん

横浜緑園高校在勤

2月29日

上野 誠也さん

横浜国立大学大学院の名誉教授で、無人探査機「SLIM」の月面着陸に貢献した

上野 誠也さん

66歳

2月22日

あっとほーむデスク

  • 3月28日0:00更新

  • 3月14日0:00更新

  • 3月7日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook