神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
泉区版 公開:2024年1月1日 エリアトップへ

(PR)

独立行政法人国立病院機構横浜医療センター/横浜医療センター附属横浜看護学校 「紹介状なし」で分娩予約受入へ人材育成で戸塚・泉区の医療担う

公開:2024年1月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 戸塚区と泉区など横浜市南西部地域中核病院に位置づけられる横浜医療センター。高度急性期の患者を担う総合病院として、2017年から全診療科で完全紹介制での診療を行ってきたが、来年度開始を目途に、紹介状がなくても分娩予約を受け入れる方針を固めた。センター敷地内には、附属の看護学校を擁し、人材育成を図りながら地域医療を支える。

 横浜医療センターは、この地で81年の歴史ある国立病院機構の総合病院だ。10年に建物を一新し横浜市南西部地域中核病院に位置づけられる。06年から日本医療機能評価機構の認定を受け、現在は救急医療・災害時の医療面でも評価。非常用電源設備を増強するなど病院機能を向上している。

 昨春就任した宇治原誠院長は、国立横浜病院だった時代から内分泌代謝内科医として勤務し、23年目を迎える。昨年は乳腺診療の増強や、入院患者の透析治療を行う血液浄化センターの新設など、診療機能の強化を図ってきた。

 来年度中には手術室を増やし、泌尿器科系、婦人科系においては、傷を最小限にとどめ体への負担を軽減できるロボット手術を導入する予定だ。

あらゆる出産に対応

 33ある診療科では、初診時にかかりつけ医の紹介状が必要となるが、分娩予約は紹介状がなくても出来るように、来年度からの受け入れに向け準備を進めている。同院は地域周産期母子医療センターとして認定されており、妊娠経過が順調な人はもちろん、持病などがあるハイリスクの妊婦まで幅広く対応。NICU(新生児集中治療室)も備え、産婦人科医長の栃尾梓医師は「小さく生まれたり、治療が必要な赤ちゃんも小児科と連携し対応しています」と話す。また、近年ニーズが高まっている無痛分娩も開始を予定する。宇治原院長は「地域の総合病院の使命として、あらゆる出産に対応していきたい」としている。

充実の臨地実習

 隣接する横浜看護学校は創立61年目を迎え、これまで2600人もの卒業生を輩出してきた。臨地実習は県内に5つある国立病院機構の病院で受けることができ、様々な臨床現場を間近に学ぶことができる。

独立行政法人国立病院機構 横浜医療センター

横浜市戸塚区原宿3-60-2

TEL:045-851-2621

https://yokohama.hosp.go.jp/

泉区版のピックアップ(PR)最新6

西かながわTrip

桜いっぱいの春の神奈川県西エリア 観光&移住ガイド

西かながわTrip

3月2日

弁護士による無料個別相談会

弁護士による無料個別相談会

3月16日 相続など不動産の問題を解決

2月29日

「高時給」で手当も充実

生活援助1900円、身体介護2400円 登録型ヘルパー

「高時給」で手当も充実

週1日1時間〜、Wワークも

2月29日

遺言・相続の無料相談会

遺言・相続の無料相談会

3月3日・10日に

2月22日

あす23日(祝)〜25日(日)見学会

木下の介護

あす23日(祝)〜25日(日)見学会

新設の介護付有料老人ホームで

2月22日

ひきこもりを否定しない

ひきこもりを否定しない

市がメッセージ動画を配信

2月15日

衆議院議員 山崎誠 

「明日は我が身 能登半島地震に学ぶ」

https://yamazakimakoto.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月29日0:00更新

  • 2月22日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook