神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
泉区版 公開:2024年1月25日 エリアトップへ

中田地区 「かわら版」が200号に 住民主体で街の情報発信

文化

公開:2024年1月25日

  • X
  • LINE
  • hatena
200号の編集会議に臨むメンバー
200号の編集会議に臨むメンバー

 中田地区の地域活動などを紙で紹介している「中田かわら版」がこのほど、200号の発行を迎えた。住民が中心となって制作編集委員会を構成し、地域活動に励む個人や団体を紹介し続けている。委員らは「これからも楽しんでもらえるニュースを届けたい」としている。

 「この文章がここに入るのは唐突じゃない?」「これはいい写真だね」――。中田かわら版の編集会議は月に1度、踊場地域ケアプラザで開かれている。現在は9人のメンバーが編集委員となっており、のべ20人がこれまで関わってきた。

踊場ケアプラと共に

 中田かわら版はA3用紙を折りたたんだA4の2ページを毎月発行している。実は踊場地域ケアプラザが発行している「おどりば新聞」の裏面を活用したものだ。当初を知る同ケアプラザの生田純也所長は「おどりば新聞をより読んでもらうためにも、地域の人による地元の情報があったらいいなと思ったんです」と振り返る。

 毎号約1000部を印刷して町内会の回覧板や掲示板で住民に届けているため、「自前でやるとなるとコストが大変。おどりば新聞に居候させてもらってるんです」と編集委員も笑顔で語る。最近では隣のしらゆり地区でも、同様のかわら版ができないかという声も挙がっているという。

 第1号が発行されたのは2007年6月。当初は地区の福祉保健活動に限定した内容だったが、発行を続けるうちに話題が広がり、現在は地域活動全般を紹介している。

地域への思いゆえ

 委員長を務める宮田貞夫さん(89歳)は創刊から委員を続ける唯一のメンバー。「人や場所やお店を紹介したりと、内容もやわらかくなってきた」と振り返る。長年新聞社に勤めていた経験も生かしているが、「毎月発行を続けてこれたのは、地域の協力はもちろん、編集委員のみなさんの地域への思いがあるからと思う」と話す。「一つの文化として大事にしたい。中田の歴史など、紹介したいネタはまだまだある」と語った。

衆議院議員 山崎誠 

「明日は我が身 能登半島地震に学ぶ」

https://yamazakimakoto.jp/

<PR>

泉区版のトップニュース最新6

2日続けて住宅火災

泉消防署管内

2日続けて住宅火災

木造全焼「乾燥に注意」

2月22日

「地域の医療ニーズに応えたい」

ゆめが丘総合病院

「地域の医療ニーズに応えたい」

池島理事長インタビュー

2月22日

7月開業へ110店舗を発表

ゆめが丘ソラトス

7月開業へ110店舗を発表

映画館は109シネマズ

2月15日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月15日

学生目線で「お金のハナシ」

泉区役所×フェリス

学生目線で「お金のハナシ」

啓発リーフレットを制作

2月8日

館内LED化で明るく

泉図書館

館内LED化で明るく

新システムの導入も

2月8日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook