神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
泉区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

横浜国大など 月探査機着陸に貢献 世界5カ国目の快挙

社会

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
月面着陸するSLIM
月面着陸するSLIM

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した小型無人探査機「SLIM」が1月20日に月面着陸に成功した。日本が無人探査機を月面着陸させたのは初めて。機体が最小燃料で着陸できる軌道の計算式を横浜国立大学の研究チームが導き出すなど、横浜市内の学校や企業もプロジェクトに貢献した。

ピンポイント着陸成功

 SLIMの開発や試験はJAXA相模原キャンパスで行われた。計画の主な目的は、目標地点から誤差100m以内の「ピンポイント着陸」。

 SLIMは昨年9月に種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げられ、1月20日午前0時20分頃に月の赤道南側の「神酒(みき)の海」のクレーター付近に降り立った。着陸直前にメインエンジン2基のうち1基を失うという異常が発生したが、SLIMから分離した小型ロボット「LEV―2」が着陸したSLIMの撮影に成功した。

 写真などによるデータ解析によると、着陸目標地点から東側に約55mの場所に着陸したことが明らかとなった。無人探査機を月面着陸させたのは旧ソ連、米国、中国、インドに次ぐ5カ国目だが、目標地点から100m以内の場所にピンポイント着陸させたのは世界初の快挙。

 SLIMのプロジェクトにはJAXAのほか、横浜国大などの研究チームも参加。同大はSLIMが最小燃料で月に着陸するための計算式を導き出して提案した。プロジェクトのメンバーで、同大大学院の上野誠也名誉教授によると、小型無人探査機は積める燃料の量が限られるため、最小燃料での飛行が求められるという。

 SLIMには古河電池株式会社(保土ケ谷区)が開発・製造した宇宙用リチウムイオン電池が搭載。日陰により太陽電池パネルからの電力供給が停止した際や、月面着陸フェーズで想定された約20分間の降下中に電力供給の役割を果たした。着陸後はSLIMへの電力供給を行い、地球との通信を支えた。

衆議院議員 山崎誠 

「明日は我が身 能登半島地震に学ぶ」

https://yamazakimakoto.jp/

<PR>

泉区版のローカルニュース最新6

泉区の文化、紙芝居で「60回」

泉区の文化、紙芝居で「60回」

3月10日に口演会

2月22日

イベントで認知症理解を

イベントで認知症理解を

宮ノ前公園で3月3日

2月22日

「大谷グローブ」で野球体験

緑園学園野球部

「大谷グローブ」で野球体験

部員が児童に楽しさ伝え

2月22日

Kアリーナ隣に複合施設

MM21地区

Kアリーナ隣に複合施設

ミュージアムなど

2月22日

「ゆめが丘」テーマに写真展

「ゆめが丘」テーマに写真展

フォンテで25日まで

2月22日

最新カタログ無料送付

自治会町内会、団体向け

最新カタログ無料送付

防災グッズ サンプルも進呈

2月22日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月15日0:00更新

  • 2月1日0:00更新

泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook