(PR)

いずみの丘観音墓苑第1期最終受付3月17・18・21日 現地案内

掲載号:2018年3月8日号

  • googleplus
  • LINE

 「お墓が欲しいけど、墓守(跡取り)がいない」「遠方に住む子どもに迷惑をかけたくない」…核家族化や晩婚化、生涯未婚など、家族の形が様変わりする中、多くの人を悩ませるのがこうした「お墓」の問題だ。

 そんな悩みに対応する形として近年、新しい形の墓が注目されている。

 そのひとつが、岡津町の普光寺境内にある「いずみの丘観音墓苑」。この墓苑では、自分の墓を一定期間(10年単位)持つことができ、そのあと合祀される。合祀後は同寺が永代にわたり責任を持って供養するため、子どもや孫に墓の面倒をみてもらう心配が不要だ。

 「現代の社会ではとても必要とされ、人気のスタイル。死後の心配を減らすことは、現在をいきいきと過ごすために大切なこと。一度考えてみませんか」と担当者。3月17日(土)・18日(日)・21日(水・祝)には現地で案内会を開催。詳細は左記。

いずみの丘観音墓苑

横浜市泉区岡津町94

TEL:045-853-1411

http://www.izuminooka-kannon.com

  • googleplus
  • LINE

泉区版のピックアップ(PR)最新3件