金沢区・磯子区版 掲載号:2020年10月29日号 エリアトップへ

(PR)

志まくら 明日から 織のキモノお召展 将軍も愛用した伝統の技

掲載号:2020年10月29日号

  • LINE
  • hatena

 織のキモノといえば紬のイメージが強いが、かつて正装のキモノといえばお召のことだった。だが戦後の大ブームで粗悪品が流通し評判が落ち、小紋などの染のキモノが主流となった。

 そもそもお召とは、11代将軍家斉が好んで着たことから、その名がついたもの。本来なら、先染で八丁撚糸を使用する。金沢文庫のきもの処「志まくら」の島倉店主は、「現在、西陣でも伝統的な製法で手間をかけて織る工房は2、3軒しかないようです」と話す。

 同店はコロナ禍で打撃を受けるこうした工房や産地の職人の一助になればと「織のキモノお召展」を30日から11月8日まで開催する。島倉さんは「期間中全商品コロナ特別価格でご提供いたします」と話す。

 また、同店では年代に合わなくなった思い出のキモノを再生することも可能。「立派な着物に甦らせますので気軽にご相談を」。なお、中古品の買取は不可。

本格派きもの処 志まくら

横浜市金沢区泥亀1-17-8

TEL:045-784-8179

金沢区・磯子区版のピックアップ(PR)最新6

片付け不要で古家売却

ウスイホーム杉田店

片付け不要で古家売却

状況問わず即現金化

12月3日号

初心者向け写真体験講座

初心者向け写真体験講座

金沢動物園で6日

12月3日号

迅速判断で 必要な治療へ

「次の方どうぞ」VOL.7

迅速判断で 必要な治療へ

取材協力/汐見台病院呼吸器内科

12月3日号

処分する前に無料相談を

古美術店「青宝堂」

処分する前に無料相談を

大掃除で不要な物 出張査定

12月3日号

海の見える優雅な暮らし

介護付き有料老人ホーム

海の見える優雅な暮らし

アシステッドリビング湘南佐島

12月3日号

老朽化アパート・空き家活用個別相談会

参加無料

老朽化アパート・空き家活用個別相談会

12月12日 神奈川県労働文化センター

12月3日号

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク