神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

市政報告 生まれ変わる野毛山動物園 自民党市会議員 松本 研

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena

リニューアルプランが始動

 野毛山地区は都心臨海部と隣接し、小高い豊富な緑の丘に、野毛山動物園や公園、中央図書館などが集積され、古くから市民の皆様の憩いの場として愛されてきました。横浜市では、これからも誰もが楽しく学べる魅力に溢れたエリアとするために、「のげやまインクルーシブ構想」のもと、旧青少年交流センター跡地を活用した障害児者支援拠点の整備、中央図書館において子ども達が楽しく学べる環境を整えた親子、子どもフロアの整備、野毛山動物園においてふれあいコーナーや休憩施設の充実、新たな中心施設の整備などを令和6年度〜10年度にかけて順次取り組んで行くこととしています。

 市内で最も長い歴史を持つ野毛山動物園は、現在は象やシロクマなど大型動物はいなくなりましたが、レッサーパンダが出迎え間近に動物と接することができる動物園として、多くの市民の方々が訪れる憩いの場となっています。しかし、70年以上が経過し、施設の老朽化やバリアフリーへの対応、動物の飼育環境などの課題が顕著になってきました。これからも懐かしい空気感を残しながらも、多くの市民の方々や動物達がより快適に過ごすことができるインクルーシブな動物園となるよう、リニューアルプランを策定しています。

3つにゾーニング

 動物展示と遊びの融合、子育て世代などのホスピタリティ向上、飲食・休憩機能の質の向上、バリアフリー化、動物の住みよい環境などを視点に、【1】動物のモニュメントやペンギンたちが出迎えるエントランス、動物展示と多様な遊びの機能が融合した屋内施設型「ズーペリエンタ!センター」などが整備された『野毛山へようこそゾーン』【2】身近な動物たちと多様な形でふれあい、子ども達の感性を高めていくことができる『ふれあいパークゾーン』【3】絵本で目にする親しみある動物たちの生き生きとした姿を楽しめる『絵本にでてくる動物たちゾーン』の3つにゾーニングされています。子供たちが初めて動物に出会い、ふれあい、命を感じることができ、誰もが気軽に訪れて楽しく癒される動物園を目指して、令和6年度にふれあいコーナー屋根や屋内型休憩棟の整備、令和10年度に中心施設等の整備完了を予定しています。

愛され続ける園に

 野毛山動物園は、私が生まれた昭和26年に開園し、当時併設されていた遊園地で遊んだり、大きな象やシロクマ、迫力あるライオンやトラなどの息遣いに驚いたり、多くの思い出があります。着実にリニューアル整備が進み、効率的な運営のもと、誰もが間近に動物の魅力を感じることができる動物園として愛され続けていくことを期待しています。

松本研

横浜市中区宮川町2-44

TEL:045-261-2251

http://matsuken.hama1.jp/

中区・西区・南区版の意見広告・議会報告最新6

カスハラ防止に向けて

いのち・くらし・雇用を守る 県政報告

カスハラ防止に向けて

県議会議員 きしべ 都

6月27日

その打破以外に日本の未来はない!

外務省で見た自民党の利権政治

その打破以外に日本の未来はない!

れいわ新選組 神奈川県第2区総支部長 三好りょう

6月27日

安心できる妊娠出産環境を

妊婦・産婦の健康診査に追加助成 ニッタオンライン市政報告75

安心できる妊娠出産環境を

横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

6月20日

夢や希望を持てる社会に

子ども・若者への支援拡充 県政報告

夢や希望を持てる社会に

県議会議員 きしべ 都

5月30日

冷凍の食品も子ども食堂へ

安定的な食品・食材確保に向けて 県政報告

冷凍の食品も子ども食堂へ

県議会議員 きしべ 都

4月25日

生まれ変わる野毛山動物園

市政報告

生まれ変わる野毛山動物園

自民党市会議員 松本 研

3月28日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 私のまちの連合会長

    地区連合町内会インタビューvol.7

    私のまちの連合会長

    第1地区中部連合町内会会長 花井一行さん

    7月4日

中区・西区・南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook