神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

妊婦・産婦の健康診査に追加助成 ニッタオンライン市政報告75 安心できる妊娠出産環境を 横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

公開:2024年6月20日

  • X
  • LINE
  • hatena
安心できる妊娠出産環境を

 6月5日に第2回横浜市会定例会が閉会しました。成立した補正予算では、妊婦・産婦健康診査事業(以下、妊婦健診)に1億6860万円が計上されました。

 本市の調査によると市内公的医療機関の14回の健診費用の最大値は12万4240円で、現状の妊婦健診費用補助券交付額は8万2700円。助成対象の妊婦にはこの差額相当額にあたる、一人5万円を追加助成します。

 公明党は長年にわたり妊婦健診への公費助成に取り組んできました。今春には、公明党と自民党の市議団が、妊婦健診の公費負担額の拡充と事務負担の軽減を山中竹春市長に要望しました。

出産費用助成金も

 今年度から市は独自に出産費用も助成します。公明党が推進した国からの出産育児一時金は現在、50万円が給付されていますが、さらにお子様1人につき最大9万円が助成されます。対象は【1】今年4月1日以降に出産し(妊娠85日以上の死産・流産を含む)【2】出産日から申請日時点まで市内に住民登録がある【3】健康保険に加入――の三条件を満たした方です。

 公明党市議団は1月に山中市長に出産費用助成や申請の負担軽減を申し入れた経緯があります。

 妊婦健診と出産費用の助成は、どちらも10月から申請受付を開始し、現在開発中の子育て応援のアプリからのオンライン申請を基本とします。私は今後も、安心して妊娠・出産できる環境整備に取り組んでいきます。

TVを自動ON 災害情報を表示

 6月から横浜市は、テレビの電源を自動で起動し、緊急地震速報等の緊急情報を音声とテレビ画面でお知らせする「よこはまテレビ・プッシュ」補助事業を開始しました。市防災情報EメールやLアラート等と連携し、リアルタイムに情報が配信されますので、視覚的に分かりやすい画面表示と、シンプルな操作性で、誰でも使いやすくなっています。また、災害防災情報に加え、電車運行情報やPM2・5情報、休日夜間診療所問合せ先等の生活情報を配信しますので生活の利便性が向上します。

 補助対象者は、「横浜市民」であり「災害情報の取得に不安を感じている方」。専用端末費と設置・設定費の約3万円全額を市が補助します。設置開通後の月額550円が自己負担額です。

 利用にはインターネット環境が必要です。お問い合わせやお申し込みは、イッツ・コミュニケーション株式会社まで(【フリーダイヤル】0120・109・199)。件数が一千件に達した時点で今年度の事業は終了予定です。

公明党横浜市会議員団 仁田 まさとし

横浜市南区六ツ川4-1129

TEL:045-822-3410

http://www.nitta-m.jp/

中区・西区・南区版の意見広告・議会報告最新6

カスハラ防止に向けて

いのち・くらし・雇用を守る 県政報告

カスハラ防止に向けて

県議会議員 きしべ 都

6月27日

その打破以外に日本の未来はない!

外務省で見た自民党の利権政治

その打破以外に日本の未来はない!

れいわ新選組 神奈川県第2区総支部長 三好りょう

6月27日

安心できる妊娠出産環境を

妊婦・産婦の健康診査に追加助成 ニッタオンライン市政報告75

安心できる妊娠出産環境を

横浜市会議員 仁田(にった)まさとし

6月20日

夢や希望を持てる社会に

子ども・若者への支援拡充 県政報告

夢や希望を持てる社会に

県議会議員 きしべ 都

5月30日

冷凍の食品も子ども食堂へ

安定的な食品・食材確保に向けて 県政報告

冷凍の食品も子ども食堂へ

県議会議員 きしべ 都

4月25日

生まれ変わる野毛山動物園

市政報告

生まれ変わる野毛山動物園

自民党市会議員 松本 研

3月28日

あっとほーむデスク

  • 7月4日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

  • 5月2日0:00更新

中区・西区・南区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

  • 私のまちの連合会長

    地区連合町内会インタビューvol.7

    私のまちの連合会長

    第1地区中部連合町内会会長 花井一行さん

    7月4日

中区・西区・南区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook