神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年6月14日 エリアトップへ

市制100周年コラボ事業 川崎版「うんこドリル」誕生 「子どもの権利」楽しく解説

教育

公開:2024年6月14日

  • X
  • LINE
  • hatena
川崎版「うんこドリル」誕生

 子どもたちに大人気の「うんこドリル」の川崎特別版となる『川崎市×うんこドリル 子どもの権利』が完成した。市制100周年を記念し、川崎市が全国で初めて条例化した「子どもの権利」について、おなじみの「うんこ先生」が解説している。市はこのドリルを使ったワークショップのマニュアルも作成し、ドリルとセットでの活用を呼び掛けている。

 川崎市は2001年に全国に先駆けて「子どもの権利に関する条例」を施行した。今回の「川崎市×うんこドリル 子どもの権利」では、この条例が保障する「子どもの権利」を改めて市民に普及するため、市制100周年のタイミングで市が企画し、「うんこドリル」シリーズを生み出した出版社・文響社(東京都)が作成した。

 ドリルでは「安心して生きる権利」「自分を守り、守られる権利」などの「子どもの権利」を20ページに渡り、「うんこ先生」からのクイズ形式で解説している。読み手に届く内容にするため、市は2023年度にワークショップを開催。子どもたちから実際の「困りごと」を教えてもらい反映した。巻末には子どもたちが相談できる窓口を複数紹介している。

市制70周年で機運

 「子どもの権利」の保護に川崎市が動いたのは市制70周年を迎えた1994年だった。この年に日本が国連の「子どもの権利条約」を批准したことから、市は記念事業として本格的な「子ども会議」を開催。この会議が継続し、条例制定につながる機運が生まれた。

 市はかねて「子どもの権利条例」の普及に努めてきたが、市制100周年を機にテコ入れをすべく、市民団体などと意見交換を続ける中で、「うんこドリル」のアイデアが出たという。

 7月には市内3カ所でドリルの「お披露目イベント」も開催。問い合わせ・申し込みは市青少年育成・子どもの権利担当(【電話】044・200・2344、【メール】45sien@city.kawasaki.jp)。

サマーウエディングフェア

22,000円相当の婚礼メニューから抜粋した「ミニコース無料試食」やチャペル見学など

https://www.kawasaki-nikko-hotel.com/wedding

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

川信が通常総代会

川信が通常総代会

理事専任と監事改選

7月12日

きゅうり祭り大賑わい

きゅうり祭り大賑わい

小倉神社 2千本配布

7月12日

一部施設で配食を試行

「わくわくプラザ」

一部施設で配食を試行

配送費は事業者が負担

7月12日

外国人の人権状況紹介

連絡会が白書発刊

外国人の人権状況紹介

「多文化共生実現に役立てて」

7月12日

ナシの変化を観察

ナシの変化を観察

南河原小5年生

7月12日

浅田三・四丁目が初優勝

浅田三・四丁目が初優勝

川崎区女子バレー大会

7月12日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook