神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
川崎区・幸区版 公開:2024年7月5日 エリアトップへ

全国中学校体育大会 27年に9競技取りやめ ハンドボールなど影響も

教育

公開:2024年7月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
ハンドボールは小学生の育成も活発
ハンドボールは小学生の育成も活発

 日本中学校体育連盟は全国中学校体育大会(全中)の規模縮小のため、2027年度から水泳や相撲など9競技を取りやめることを決めた。少子化による部の設置率の低下や教員の負担軽減などが背景にあるが、市の関係者は困惑気味だ。

 日本中体連は全中の規模縮小を決め、6月18日付で各都道府県の中体連に通知した。活動実績のある部の割合を示す「部活動設置率」を調査したうえで、原則20%未満の競技を除外対象にした結果、水泳、ハンドボール、体操、新体操、ソフトボール男子、相撲、スキー、スケート、アイスホッケーの9競技が、26年度の大会を最後に取りやめになる。

 しかし市の中体連関係者によると、「今後の方向性どころか正式な情報も学校現場に届いていない。現時点では判断のしようがない」という。

 川崎の市立中学には現在、25校に水泳部、18校にハンドボール部、6校に相撲部、5校に新体操部があり、多くの生徒たちが活動している。特にハンドボールは2022年の大会で西中原中(中原区)の男子ハンドボール部が全国準優勝を果たすなどレベルも高く、活発に活動している。市ハンドボール協会の副理事長で市立高津高校(高津区)教諭の長村昇さんは「ネットで情報を得ている段階だが驚いた。高校でいえば『高校総体』がなくなるようなもの。生徒にも顧問にも目指すものがなくなるショックは大きいはず」と話す。

 一方、ハンドボールでは校内の部活動とは別に、校外で活動するクラブチームが出場する日本ハンドボール協会主催の「全国中学生ハンドボールクラブカップ」がある。長村さんは「(ハンドボールは)受け皿となる大会に移行していく流れになるとは思うが、教育の一環と考える『育成』と、勝利だけを目指すような『強化』は指導内容が異なる。(移行に伴い)一定の調整は必要」と意見を述べた。

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

若者支援に役立てて

JFEスチール 京浜協力会

若者支援に役立てて

祭りの売上金、市に寄付

7月19日

楽しんで防災スキル向上

楽しんで防災スキル向上

幸区で体験イベント

7月19日

自民党市連が定期大会

自民党市連が定期大会

「政治不信に向き合う」

7月19日

開局へ前進予備免許取得

FM大師

開局へ前進予備免許取得

周波数94・9MHzに

7月19日

ハッピーリーグ開幕式

幸区少年サッカー

ハッピーリーグ開幕式

大会へ意気込み

7月19日

創立65周年を祝福

下河原小

創立65周年を祝福

児童発案で「誕生日会」

7月19日

サマーウエディングフェア

22,000円相当の婚礼メニューから抜粋した「ミニコース無料試食」やチャペル見学など

https://www.kawasaki-nikko-hotel.com/wedding

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月8日0:00更新

  • 8月4日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook