さがみはら緑区版 掲載号:2011年9月1日号
  • googleplus
  • LINE

8月27日に市立図書館で「夏休み子どもおもしろ実験教室」を開催した 門倉 松雄さん 緑区二本松在住 54歳

夢を育てる実験先生

 ○…子ども向けの実験教室を、年に3回市立図書館で開いている。夏は氷、冬は静電気と、季節に合わせてテーマを用意。時には市外にも赴き、子どもたちにワクワクするような楽しい実験を届けている。本職は大野北中学校の校長。忙しい合間を縫って、理科好きの大人と子ども向け雑誌「Rika Tan」で実験の先生として連載担当も受け持つ。

 ○…相模原で生まれ育った。「宝物は三角フラスコでした」と、少年時代から筋金入りの実験好き。机の中でカマキリの卵を育てて、部屋中カマキリだらけにしたことも。色や光、形などの変化が不思議でしょうがなく、化学者になることが夢だった。その情熱は燃え続け、大学では工業化学を専攻。民間企業に一旦就職するものの、教師をしていた友人の勧めもあり教職を志す。28歳のとき、子どもと実験が大好きな理科の先生になった。

 ○…「理科って将来何の役に立つの?」。無我夢中だった教員生活の中で、ふと聞こえた生徒のつぶやきに刺激された。「絶対面白くしてやろうって決心しました」。教科書を使わない授業スタイルをとり、1回でも多くの実験を行うことで、変化を五感で感じさせた。20年ほど経つと、授業に手ごたえを感じるように。「実験も授業も、全く同じ結果になることは2度とないんです」と、理科の醍醐味を満面の笑みで語る。

 ○…今年4月から校長に就任。授業をすることはなくなり、「少し嫌ですね」と寂しそうに苦笑する。休日は部活の大会に駆けつけ声援を送る。「子どもが頑張る姿が好きなんです」。現在の目標は、大野北中を、生徒が夢を語れる学校にすること。「興味を持って真剣に取り組めば、将来の道は開けますよね」。実験も、好奇心を刺激する手段の一つ。心に”ワクワク”をプラスして夢を育てる実験に、挑戦し続けている。
 

さがみはら緑区版の人物風土記最新6件

榎本 陽治さん

城山商工会スタンプ会の会長を務める

榎本 陽治さん

3月15日号

梅澤 勉さん

津久井商工会・次世代まちづくり構想委員会の委員長として地域貢献に取り組む

梅澤 勉さん

3月8日号

高倉 豪さん

市立環境情報センター所長を務める傍らトライアスロン選手としても活動する

高倉 豪さん

3月1日号

田畑 直美さん

『橋本の子守歌』を作曲し、相模原市立図書館に寄贈した

田畑 直美さん

2月22日号

吉見 夏稀さん

今季から女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原のキャプテンを務める

吉見 夏稀さん

2月15日号

後藤 優輝さん

「相模原市学生消防団活動認証制度」の第1号に認証された

後藤 優輝さん

2月8日号

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク