さがみはら緑区版 掲載号:2014年2月27日号 エリアトップへ

2月22日に開催されたイベント「緑区地域デビュー」の実行委員長を務めた 二宮 利明さん 町屋在住 59歳

掲載号:2014年2月27日号

  • LINE
  • hatena

夢は「緑区の世界デビュー」

 ○…子どもの頃に持っていた夢は、大人になるにつれ、実現できずに忘れたり、諦めたりしていく。大人になればなるほど地域に溶け込むのも難しくなっていく。「人生のセカンドステージに、もう一度夢を持ちましょうと伝えたくて」。緑区内で活動する団体やサークルなどを、定年を迎えた人たちに紹介する区内初のイベント「緑区地域デビュー」を企画、実行委員長を務めた。「今後、地域に出たり、忘れていた夢の実現のための動機づけになってくれれば」と振り返る。

 ○…「会社のマネージメントに携わってきた経験が何かの役に立つかもしれない」。定年を間近に控え、地域との関わりを考え始めた。2010年7月から2年間、第1期の緑区区民会議に参加。メンバーの一人として区ビジョンの策定に携わった。その中で掲げられた”次代における地域の担い手の育成”を実行すべく、持ち前のポジティブさ、トライ&エラーの精神で何かできないかと思案した。

 ○…「これから地域デビューを考えている人の気持ちをくすぐるようなイベントをやってみたい」。区役所に相談し、区民会議から離れていた昨年、実現へ動き出した。実行委員を募り、メンバーと共に準備を進めた。「一人でやるよりも、仲間と集まってやる方が楽しいし、誰かの夢を実現できる手助けができるかもしれないですから」。自分の経験や知識を地域の力や活力に。そんなネットワーク、コミュニティづくりの場となるイベントの開催に辿り着いた。

 ○…モットーは「その場で最良のことをやる」。新しい物を見に行くのが好きで外に出ることが多い。知らないことがあるのが嫌だという”知りたがり”の性格で、常に好奇心を持ち続け「なんで」「どうして」と言い続けて考えていきたいという。今の夢は”緑区の世界デビュー”。「潜在的な自然環境が緑区にはまだある。それを世のマーケットにデビューさせたいですね」

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月14日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

秋本 博寿さん

相原二本松商店街の会長に就任した

秋本 博寿さん

二本松在住 51歳

9月30日号

渡部 菜保子さん

記録員として東京オリンピックのバレーボール競技に携わった

渡部 菜保子さん

相原中学校在勤 43歳

9月16日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

南区在住 62歳

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook