さがみはら緑区版 掲載号:2014年3月20日号 エリアトップへ

麻布大学教授で、食品の品評会「DLGコンテスト日本大会」の審査員を務める 坂田 亮一さん 淵野辺在勤 60歳

掲載号:2014年3月20日号

  • LINE
  • hatena

食肉を「美味しく正しく」

 ○…麻布大学食品科学研究室の教授。世界最大規模の品評会「DLG(ドイツ農業協会)ハム・ソーセージ品質競技会」に2007年から客員審査員で参加。日本の大学からは初の審査員として、日本製品の品評にあたっている。例年、高評価を得て、出品数も多い日本製品が、原発の影響でドイツへの出品が困難になったため、2012年から日本国内での開催に踏み切り、それが恒例となった。「日本で定期的に開催されるようになったのは大変嬉しいこと」。食肉加工のプロとして、格付けのために目を光らせる。

 ○…福岡県出身。家で犬や鳥を飼っていたことから、動物に興味を持つように。「昔から人と違うことをするのが好きだった」という学生時代、畜産は周りに志望者が少なく、将来の進路の幅が広がると思い、畜産科学を志して宮崎大学に進学。公務員として働いていた時に九州大学院時代の恩師に誘われ、麻布大学へ。「自分が人を指導する立場になるなんて。『先生』と呼ばれるのはこそばゆい気持ちだった」。以降、恩師と二人三脚で食肉の研究と共に、教育にも熱を注いだ。

 ○…大学内の仕事でせわしない毎日を送るが、多趣味な一面も。愛犬との散歩にガーデニング、格闘技観戦と休日も大忙し。「肉組」と愛称をつけた自分の研究室の学生と飲みに出掛けることも多い。還暦を迎えた際にも学生が盛大に祝ってくれたことを振り返り、口元がほころぶ。「肉を食べて、学生のエネルギーを受けることが若さの秘訣」

 ○…審査会では、数々のハム・ソーセージを前に、味や形、色などを吟味する。「美味しく、正しい食肉の知識を伝えていきたい」と日本の食の未来を担う大舞台に気合は十分だ。一方で、自身はあと5年で定年を迎えるため、後継の育成が急務ととらえる。「食べる」という人々共通の喜びをさらに充実させるため、「肉組」の学生と共に、食肉を追究していく。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

天明(てんみょう) 信子さん

民生委員を21年間務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

天明(てんみょう) 信子さん

中央区相模原在住 77歳

11月18日号

酒井 哲夫さん

相模原北防犯協会の副会長を務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

酒井 哲夫さん

相原在住 74歳

11月11日号

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

中央区南橋本在住 46歳

11月4日号

清水 弘さん

日本花菖蒲協会の会長で、今春花菖蒲に関する図鑑を発行した

清水 弘さん

相原在住 68歳

10月28日号

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook