さがみはら緑区版 掲載号:2014年3月27日号 エリアトップへ

全日本障害者パワーリフティング大会で優勝した 佐野 義貴さん 中央区すすきの町在住 45歳

掲載号:2014年3月27日号

  • LINE
  • hatena

自慢の腕で世界に挑戦

 ○…昨年12月に行われた全日本障害者パワーリフティング選手権大会・下肢障害の部・男子72kg級のチャンピオン。ベンチプレスに寝た状態で上げた、バーベルの重量を競い合う同競技で、137kgを記録した。4月3日からドバイで開催されるパラリンピックの前哨戦、世界パワーリフティング選手権大会に出場する。強者揃いの海外勢相手に自慢の腕で勝負を挑む。

 ○…幼い頃から野球漬けの毎日。高校卒業後は、野球で食べていこうと決めていた矢先、バイク事故で胸から下の感覚を失う。入院先の患者同士での会話で身体がどうにもならないことを知った直後は、自暴自棄になった。そんな中で障害を受け入れるしかない現実に気づき、「自分からスポーツをとったら何も残らない」とさまざまな競技に挑戦。自分に合った競技を探したところ、走るよりも筋トレが好きだったため、パワーリフティングを選んだ。練習を重ね、記録を伸ばすことで自分にもできるという自信につながった。

 ○…妻と3人の子どもの5人家族。妻は「障害は関係ない」ときっぱり。付き合う前に、本当に自分で良いのかと念を押した。それでも妻は「たまたま好きになった人がそうなっただけ」と言ってくれた。「その瞬間この人だなと思った」と当時を振り返り、笑顔がこぼれる。妻のサポートを受けながらもできることは自分でするのがモットー。一家の大黒柱としてガラス工場の事務で働き、家族を養う。愛娘はトレーニング仲間で、今年の正月もジムで一緒に汗を流した。

 ○…「上げれば勝ち」。他の選手より麻痺している部分が多く、不利なはずだが「関係ない」とばっさり。障害を受け入れた今は、ハンデを意に介さず、敗因にもしない。「今回の世界大会では結果を出す」。パラリンピック出場に必要な標準記録突破に向け、意気込みは十分だ。「リオで輝く姿を見せ、支えてくれた人に恩返しがしたい」

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

天明(てんみょう) 信子さん

民生委員を21年間務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

天明(てんみょう) 信子さん

中央区相模原在住 77歳

11月18日号

酒井 哲夫さん

相模原北防犯協会の副会長を務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

酒井 哲夫さん

相原在住 74歳

11月11日号

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

中央区南橋本在住 46歳

11月4日号

清水 弘さん

日本花菖蒲協会の会長で、今春花菖蒲に関する図鑑を発行した

清水 弘さん

相原在住 68歳

10月28日号

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook