さがみはら緑区版 掲載号:2015年1月22日号 エリアトップへ

16号整形外科の院長で、整形外科枕、枕一体型ベッドを開発し「睡眠姿勢革命」に取組む 山田朱織(しゅおり)さん 相模原市在勤 50歳

掲載号:2015年1月22日号

  • LINE
  • hatena

研究の活力は皆の笑顔

 ○…生活の3分の1を占める睡眠。その睡眠姿勢に着目し、正しく姿勢を整えることで肩こり、腰痛を予防する観点から「睡眠姿勢革命」をスローガンに、個々にフィットしたオーダーメイドの「整形外科枕」づくりと臨床研究に取り組む。今年1月にはこの枕が全国の整形外科医から治療道具の代替と認められ、28の医療機関と提携。各メディアでは枕と姿勢の重要性を広く訴え続けている。

 ○…東京女子医大を卒業後、先代の父・日出丸氏が営む「成瀬整形外科」へ。診療で問題点(症状の発見)と解決(改善)を繰り返す中、終わりのない作業に魅了されていった。2003年から日本初の特殊外来として枕外来を開設。座布団やタオルといった日用品で枕を作り、体形に即した枕が様々な症状の改善、予防につながることを臨床データから実証。学会では次々に論文を発表した。こうした地道な活動によって個々に合った枕づくりのための計測方法を確立。「患者に寄り添い続けた」親子の愚直なまでの研究が実を結んだ。

 ○…楽しみは「娘と温泉に行くこと」としながら、つい人々の姿勢に目を奪われる。水族館に至っては「研究の宝庫」。イルカのような哺乳類には特に目を輝かせ、動作を見ながら脊椎の変化、歴史的な進化に「やはり(人を含めた)脊椎動物には枕が必要」と思い至る。

 ○…「私、焦ってるんです」と胸の内を明かす。「睡眠姿勢革命」の礎を築き次代に繋ぐことが使命であり、大成できずに終われば「人類にとってマイナス」と危惧するからだ。昨年11月には枕一体型のオーダーメイドベッドの開発に成功。睡眠姿勢を見守る思いから地域限定のレンタル販売を開始した。人々の寝姿勢に対する意識を変えてこそ革命であり、その先には明確に患者、そして人類の笑顔を見据えている。「睡眠姿勢革命は1日にしてならず」。人々の正しい睡眠姿勢による心身の健康への期待を一身に背負い、尚も戦い続ける。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

橋本在住 24歳

2月6日号

牧瀬 稔さん

「シビックプライドの推進に関する検討委員会」の委員長を務める

牧瀬 稔さん

橋本在住 45歳

1月30日号

大橋 千景さん

サークル「わらべうたボランティア『つくしちゃん』」の代表を務める

大橋 千景さん

中央区淵野辺本町在住 61歳

1月23日号

市川 雄士さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)2020年度の新理事長に就任した

市川 雄士さん

緑区在住 36歳

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク