さがみはら緑区版 掲載号:2016年1月28日号 エリアトップへ

地元出身のフルート奏者で、この度市内のホールで独奏会を行う 浅尾 真実さん 町屋在住

掲載号:2016年1月28日号

  • LINE
  • hatena

「特別」な場所にいつまでも

 ○…「地元の方に、もっとクラシックを身近に感じてほしい」。そんな思いを込め、2月29日にフルート独奏会を相模原のホールで開催する。当日はバッハなどの曲目を、ピアノの伴奏も交えながら美しいハーモニーで奏でる。「敷居が高く思われがちなクラシックですが、気負わずその場の雰囲気を楽しんでほしい」と来場者へ呼びかける。独奏会まで1カ月以上あるが、お気に入りのドレスを身に着け、地元で演奏できる日を心待ちにしている。

 ○…音楽好きの母の影響で幼少期から音楽に親しんだ。小学1年生の頃「キラキラして綺麗だった」という理由でフルートに興味を持つと、その艶やかな音色に魅了され、のめり込んでいった。高校生の頃には奏者への夢を抱き、昭和音楽大学へと進学。そこでは、空き時間を見つけては一人黙々と練習を行う「音楽漬け」の日々を過ごす。人一倍の努力の結果、演奏に必要な体力や技術が向上。在学中からコンクールや、演奏会で腕を披露した。小さな舞台から大ホールまで様々な会場を経験したが、「舞台の規模にかかわらず、演奏を通じお客さんと心を通わせることが何より楽しい」と、卒業後も精力的に活動する機会を重ねている。

 ○…演奏会に向けて、曲目や会場の雰囲気に合わせてドレスを選ぶのも楽しみの一つ。インターネットだけでなく、結婚情報誌にも目を通しお気に入りの一着を探し出す。2月の独奏会の衣装は「当日のお楽しみ」と、少女のようにいたずらっぽい笑顔を浮かべる。

 ○…現在、自ら演奏するだけでなく指導者の立場になることも増えたが「舞台は私にとって特別な場所。腕が落ちない限りは、舞台に立ち続けたい」と、今後も表現者としての活動を続けていく予定だ。一人でも多くの人に音楽を届けるため、そして、自ら理想とする「重厚なクラシックから、軽やかなポップまでこなせる奏者」に近づくため、日々腕を磨き続ける。

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

中牟田 好江さん

ソレイユさがみで「おはなしお楽しみ会」などの子育て支援を行う

中牟田 好江さん

中央区在住 71歳

1月20日号

梅津 賢一さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)の第57代理事長に1月1日付で就任した

梅津 賢一さん

下九沢在住 38歳

1月13日号

山崎 勇貴さん

公益社団法人津久井青年会議所(JC)第41代理事長に就任した

山崎 勇貴さん

日連在住 38歳

1月6日号

前川 莉珠(りず)さん

「松竹 JAPAN GP GIRLS CONTEST」で準グランプリに輝いた

前川 莉珠(りず)さん

相模原市在住 17歳

1月1日号

大貫 尚子さん

自身2作目の全国出版となる絵本『たむたむのまほうのことば』を製作した

大貫 尚子さん

中央区上溝在住 49歳

12月23日号

佐藤 聡子さん

令和3年度優良PTA文部科学大臣表彰を受けた津久井養護学校PTAの会長を務める

佐藤 聡子さん

小渕在住

12月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook