さがみはら緑区版 掲載号:2017年11月23日号 エリアトップへ

今年、設立20周年を迎えた公益社団法人相模原市防災協会の理事長を務める 八木 繁雄さん 中央区相生在住 66歳

掲載号:2017年11月23日号

  • LINE
  • hatena

防災は隣人との挨拶から

 ○…「10周年式典と比べ出席者も多く、当協会の発展を感じた」。市の外郭団体として「災害に強いまちづくり」のため縁の下から行政を支えてきた。盛況のうちに終えた節目のセレモニーを振り返り、胸をなで下ろす。一方で「災害はいつどんな規模で起きるかわからない。被害にあわれた方にとっては”想定外”では済まされない」と、一転厳しい表情に。「日ごろ訓練しておけば有事に体が自然に動く」と市民や事業所に対し防災意識の向上を訴える。

 ○…比較的揺れに強いとされる相模原市にあっても、火災や河川の氾濫など災害の想定は尽きることはない。が、気がかりなのはハード面よりもむしろソフト面。相模原にも押し寄せる都市化の波が人間関係を薄め、じわじわと「隣人の顔が浮かんでこない」社会へ向かいつつあることを危惧する。「向こう三軒両隣、顔がわかる関係性が大事。毎日挨拶を交わしていれば、何かあった時に気にかけるようになる。それが地域防災のスタート」と語気を強める。

 ○…中央区矢部の生まれ。「富士見はすすきの原、星が丘は松林」という当時、遊びといえば木枝で弓矢を作ったりチャンバラごっこをしたり。中学時代は水泳に、高校では空手に打ち込む。中央大学を卒業後、石油類販売事業を営む実家の(株)八木商店に入社。52歳で代表取締役に就任した。市内の同業者で組織する県石油商業組合相模原支部の相談役、県危険物安全協会連合会理事ほか数々の要職を兼務。私生活では3人の子宝に恵まれ、正月は「家族でゴルフ」が恒例行事。

 ○…「人の幸福は”貢献すること”。ギブ&テイクというが、人のために尽くすほうが、満足感があるし自分の存在を感じる」としみじみ半生を振り返る。「南海トラフ地震が明日起こるかもわからない。市・企業・市民、皆で危機管理に取組み、防災を周知徹底していきたい」。市民の安全な未来へ、そして次の30周年へ向けて、力強く語った。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

橋本在住 24歳

2月6日号

牧瀬 稔さん

「シビックプライドの推進に関する検討委員会」の委員長を務める

牧瀬 稔さん

橋本在住 45歳

1月30日号

大橋 千景さん

サークル「わらべうたボランティア『つくしちゃん』」の代表を務める

大橋 千景さん

中央区淵野辺本町在住 61歳

1月23日号

市川 雄士さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)2020年度の新理事長に就任した

市川 雄士さん

緑区在住 36歳

1月16日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月27日号

お問い合わせ

外部リンク