さがみはら緑区版 掲載号:2019年9月5日号 エリアトップへ

青根・青野原地区の鳥獣保護管理員として被害対策に尽力する 井上 克彦さん 牧野在住 60歳

掲載号:2019年9月5日号

  • LINE
  • hatena

「鳥獣被害をなくしたい」

 ○…イノシシ、シカ、サルなどの被害が深刻な青根・青野原地区。「食べ物が豊富な人里に下りてきて、人を怖がらない鳥獣が増えている」と、農作物被害は特に深刻で、その対策は急務となっている。県から地区の管理員に任命されてから18年。様々な対策を行っているが、なかなか被害が減らないのが現状だ。「農家にとって被害は生活を脅かす重大な問題。難しい問題が山積みだが、少しでも役に立ちたい」

 ○…16人で現在狩猟を行う「青根猟友会」の会員としても、鳥獣駆除に奔走する。罠を仕掛ける猟の他、犬で鳥獣を追い込み、銃で仕留める猟は、根気のいるもので、後継者がいない苦労もある。「狩猟は規制も多く、銃が好きな人はクレー射撃などに流れる。狩猟は山が好きでないと続かない」と危機感を募らせる。

 ○…林業を営んでいた父親とともに1982年、青根に「うらたんざわ渓流釣場」を創業。道志川に清流を注ぐ「神の川」の最上流部にある1・5Kmにも及ぶ釣り場は、1年中、ニジマス・ヤマメ・イワナなどが釣れ、ファンの間では渓流釣りが楽しめる穴場として知られる。「青根の宝は澄んだ水。昔は恵まれた水のおかげで、田んぼも多く、美味しいきゅうりも栽培していた」と懐かしむ。

 ○…「戦後人工林が増え、山から食べ物が減った。その影響で最近は人里にクマが増えた」と、クマ被害にも警鐘を鳴らす。2012年11月には、数多くのクマ被害が見られ、仕掛けた檻に、97kgにもなるクマがかかったこともあった。絶滅危惧種であるクマはすぐに山に放されたが、翌日には畑に下りてきて作物を荒し、2度と檻に捕まることはなかった。「今年は山の作物が不作で、クマが人家に出没する可能性が高い。我々も気をつけねば」と話した。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

市川 雄士さん

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)2020年度の新理事長に就任した

市川 雄士さん

緑区在住 36歳

1月16日号

芝野 虎丸さん

史上最年少で囲碁の名人位を獲得した

芝野 虎丸さん

南区上鶴間本町出身 20歳

1月1日号

日比 澄恵さん

語りと読み聞かせサークル「おはなしの森」の代表としてボランティア活動する

日比 澄恵さん

元橋本町在住 48歳

12月19日号

倉木 健治さん

ローイングチーム「湖猿」の代表として東京パラ代表候補を指導する

倉木 健治さん

愛川町在住 37歳

12月12日号

野呂 正人さん

相模原道志川流域キャンプ場経営者協議会の代表として復興に尽力する

野呂 正人さん

青野原在住 65歳

12月5日号

伊藤 勉さん

城山地区「お出かけの“わ”委員会」の委員長として地域福祉に努める

伊藤 勉さん

川尻在住 71歳

11月28日号

高橋 律(ただし)さん

津久井在来大豆を使った醤油しぼりをボランティアで行う

高橋 律(ただし)さん

千木良在住 71歳

11月21日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月16日号

お問い合わせ

外部リンク