さがみはら緑区版 掲載号:2019年12月12日号 エリアトップへ

ローイングチーム「湖猿」の代表として東京パラ代表候補を指導する 倉木 健治さん 愛川町在住 37歳

掲載号:2019年12月12日号

  • LINE
  • hatena

パラ競技通じ人間育成を

 ○…障害者ボート競技「パラローイング」。「障害者がボートの練習する場は限られるが、ここほど施設、職員対応など恵まれた環境はない」と話す相模湖漕艇場で活動するローイングチーム「湖猿」の代表として、後進指導や競技普及に尽力する。チームで活動するのは約30人。6人は東京パラリンピックの有力候補になっている。「代表選考が行われる5月までが勝負。悔いのないよう練習して代表に選ばれたら」と目を輝かせる。

 ○…両親がカンボジアでポルポト派の弾圧から逃れ、タイの難民キャンプで出生した。4歳の時に来日。その直後5歳で小児麻痺に襲われた。国籍と障害という苦難と向き合う中、愛川高校でボート競技と出会い、高校総体出場など活躍。「高校のボートは障害者も健常者も一緒に競技する。ボートに乗れば差別はない。指導者と仲間に恵まれた」と振り返る。大学進学後、北京大会からパラリンピックの正式種目に採用されるのを知り代表を目指すも国籍取得の壁に阻まれた。「選手には東京で夢をつかみの私の分まで頑張って欲しい」とエールを送る。

 ○…「湖猿」では知的障害者教育にも熱心に取り組む。バンジージャンプやパラグライダーなどを体験させる活動は口コミで広がり、チームに参加する障害者は年々増えている。「彼らになるべくいろいろな経験をさせ、外の世界と触れ合う機会を作るのが大切」

 ○…2人の娘に恵まれ、3年前からは家から近い製造業に転職した。「会社には私の活動を理解、協力してもらい本当に感謝している」。当面の目標である東京、その後の大目標である「パラローイングの普及とボートを通じた障害者と健常者の分け隔てのない交流」に向け、強い信念を持ち歩みを進める。
 

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

久田 美菜子さん

矢部で子育て支援とマッサージを兼ねる店舗を経営する傍ら、矢部マップを作製した

久田 美菜子さん

八王子市在住 41歳

12月2日号

天明(てんみょう) 信子さん

民生委員を21年間務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

天明(てんみょう) 信子さん

中央区相模原在住 77歳

11月18日号

酒井 哲夫さん

相模原北防犯協会の副会長を務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

酒井 哲夫さん

相原在住 74歳

11月11日号

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

中央区南橋本在住 46歳

11月4日号

清水 弘さん

日本花菖蒲協会の会長で、今春花菖蒲に関する図鑑を発行した

清水 弘さん

相原在住 68歳

10月28日号

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月21日号

プレゼント企画実施中!

買物1000円以上でドリップバッグ珈琲贈呈!(2021年12月31日まで)

http://www.insyoku.net/hhs/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook