さがみはら緑区版 掲載号:2020年1月16日号 エリアトップへ

公益社団法人相模原青年会議所(相模原JC)2020年度の新理事長に就任した 市川 雄士さん 緑区在住 36歳

掲載号:2020年1月16日号

  • LINE
  • hatena

夢への挑戦を応援したい

 ○…「自分にはできないと思っていることも、いつか必ずできる。それを伝えていきたい」。就任の思いを問われそう意気込む。2013年に相模原JCに入会後、理事長に就くとは夢にも思わなかった。「あきらめずに挑戦する」。自らの人生で体現したこの価値観を会員に浸透させ、それぞれが地域をけん引する青年経済人となれるように。今年度の基本理念には「不可能を可能にするリーダー」を据えた。

 ○…サッカーとバンド活動に明け暮れた少年時代。音楽の専門学校卒業後、25歳で電気工事などを行う(株)市川電設を設立。自社ビルを有するまでに会社を築き上げ、今では約30人の社員をまとめる。本業の傍ら、昨年には上部組織の日本JCに出向。全国を飛び回り、「四国に行って次の日に九州、沖縄、東京に戻ってすぐに会議、そんな生活だった」。泊りで会社や家を空けることも多く、土日もJCの活動。ただ、「何とかできた。難しいと思うことでもやればできるもの」。

 ○…お酒には目が無く、ほぼ毎日嗜む。マイブームはハイボール。趣味のゴルフは交流を深める場で、昨年は多忙で満喫できなかった分、「今年は楽しむよ」。家では2児のパパ。「優しい子たちで偉いと思う。家での何気ない時間が一番良いよね」と家族思いな一面ものぞかせる。

 ○…自社ビルを譲ってくれた社長、活を入れてくれる同業の経営者、初の県外拠点・埼玉営業所の経営を応援してくれる人、これまでの歩みには多くの人の支えがある。「縁を頂いた方に感謝したい。JC理事長も地域への恩返しの一つ」。あきらめず夢を追う人を、今度は自分が後押しする番。不可能を可能にする担い手を育むことが、笑顔あふれる相模原の共創につながると信じて。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区相模原在住 42歳

3月26日号

高城 昌孝さん

創刊5周年を迎えたはしもとフリーマガジン「めぐり報」を発行している

高城 昌孝さん

橋本在住 46歳

3月5日号

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

小方 颯(そう)さん

競泳個人メドレーで1年生ながら高校総体2冠、国体優勝など目覚ましい活躍を見せる

小方 颯(そう)さん

東橋本在住 16歳

2月13日号

五明(ごみょう) 宏人さん

2019年12月に行われた第47回全日本空手道選手権大会・男子組手個人戦で優勝した

五明(ごみょう) 宏人さん

橋本在住 24歳

2月6日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク