さがみはら緑区版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

桜まつり、現地開催へ 感染対策の徹底を重視

社会

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena
2018年に盛大に行われたパレード=市提供
2018年に盛大に行われたパレード=市提供

 今年は、桜まつりが帰ってくる――。今年の「第49回相模原市民桜まつり」について相模原市は、コロナ対策を十分に取った上で4月2日・3日(土日)に現地開催すると発表した。相模原市民まつり実行委員会が決定したもので、市民まつりとしては3年前の2019年に若葉まつりが開催されているが、桜まつりの現地開催は18年4月以来となる。コロナの状況によって中止になる可能性もあるが、開催の決定を受け市内の参加団体からは喜びの声が上がっている。

(2021年12月21日起稿)

 桜まつりは1974年の市制施行20周年を記念して開催されたのを機に市民まつりとして定着し、今年で49回目を数える。市役所さくら通りをメイン会場に華々しいパレードで幕を開け、市内を中心とした各種団体のブースが軒を連ねる。市役所本庁舎前の駐車場にはステージが設けられ、歌やダンスなどを披露。18年の開催では両日で延べ41万人が来場し、会場には延べ375のブース、同569の露店が並んだが、昨年、一昨年はコロナで中止に。昨年はラジオ番組として放送された。

 今年の開催をめぐっては、昨年11月に行われた第1回実行委員会で、例年通りの通常開催をイメージして実施することが決定。懸念されるコロナの状況を注視し、具体的な感染対策は各イベントごとの部会で検討されることになった。

 実施予定のパレード、ステージイベント、ブースなどは昨年11月に国の方針を受けて県が示したチェックリストに従い、実施方法、感染対策などが議論される。市担当課では「歩行者天国となるので来場制限が難しい」とし、感染状況によってはブース数を削減する可能性も視野に入れる。担当課によると、開催の判断は3月1日時点で緊急事態宣言が発令されていない状況を一つのめどとし、感染のレベルも見極めた上で決定するという。1月下旬に開かれる実行委員会では、感染対策のほか、具体的な開催方法について議論を深めていく考えだ。

市民から喜びの声

 市に参加を申し込んだ団体からは「今年はやってくれるんだね」「現地で開催はうれしい」と喜びの声が届いた。一部の商店街では「通常開催なら、多方面でイベントが増えるはず」とも。実行委員長を務める梅津賢一さんは本紙の取材に、「幼い頃や学生の頃に歩いた桜並木は今でも私の思い出に深く残っている。現地開催をめざしてコロナの感染対策の方向性をしっかりと検討し、状況に合わせた最善の開催方法を模索していきたい」とし、意気込みを見せた。市の一大イベントの開催に期待がかかる。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

3年ぶり陶器の鑑賞会

藤野陶器市

3年ぶり陶器の鑑賞会 文化

「芸術のまち」をぐるっと巡る

5月19日号

農園と発電 地域を元気に

さがみこベリーガーデン

農園と発電 地域を元気に 社会

青野原に6月オープンへ

5月19日号

3年ぶりに有観客レース

ツアーオブジャパン

3年ぶりに有観客レース スポーツ

5月21日 区内を滑走

5月12日号

老朽化で改修工事へ

やまなみ温泉

老朽化で改修工事へ 社会

5月末まで営業 再開は来春

5月12日号

「純相模原産」の日本酒誕生

「純相模原産」の日本酒誕生 文化

地元有志と蔵元がタッグ

5月5日号

地域に根差し10周年

もみじホール城山

地域に根差し10周年 文化

5月から記念公演を開催

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook