多摩版 掲載号:2015年8月6日号 エリアトップへ

桜ヶ丘商店会連合会の会長に就任した 三橋 誠さん 一ノ宮在住 48歳

掲載号:2015年8月6日号

  • LINE
  • hatena

活動の源は「地元愛」

 ○…6月に行われた聖蹟桜ヶ丘周辺の5商店会が集まって開催された総会で、2度目の会長就任が決まった。前回、会長になったのは4年前の東日本大震災直後。混乱が残る中での大任に、初めての経験。「何をやっていいかわからないままやっていましたね」と当時を振り返る。1期2年の任期を務めた後、2年の充電期間を経ての再任。「今回は若い人たちの意見を聞きながら、地域の伝統を活かして、商店会としての新しい道をつくっていきたい」と抱負を語る。

 ○…商店会を取り巻く環境は年々厳しくなっている。ここ最近で、30年以上続けていた商店が立て続けに閉店し、空き店舗が増えた。市外へ出ていく人も増えている。「良い街」という声がある一方で「魅力を感じない」という声もある。「寂しいですね。だからこそ『住んで良かった』『買い物に来て良かった』と言われるような自慢できる街にしたい」。簡単なようで難しいこの課題に向きあいながら、具体案を模索している。

 ○…家業は畳屋。南口商店会加盟店の中でも1960年創業と古く、その店を先代から継いだ。日本の伝統文化のひとつである畳の魅力を、今は触れることが少なくなった子どもたちに伝える活動を母校で行っている。消防団にも所属し、地域防災にも尽力する。家業、商店会、消防団。これらの活動で多忙な日々を送る。「家族には迷惑をかけているかな。でも人のため、地元のため。ひいては自分のためだから。だから多少の犠牲はしょうがないですよ」と照れながら笑う。

 ○…生まれも育ちも地元という生粋の多摩っ子。商店会の中には、幼い頃からの顔なじみがいる。「心強いですよ。だから会長もできるんです」とおどけながら、「1人では何もできない寂しがり屋なんで」と破顔する。「生まれ育った聖蹟の街が好きだから」。地元、故郷を商店会から元気に。地元愛が自身の活動の源になっている。

多摩版の人物風土記最新6

黒澤 菜穂子さん

昨年末、多摩市選挙管理委員会の委員長に再任した

黒澤 菜穂子さん

桜が丘在住 64歳

2月18日号

小林 攻洋さん

「けぇどの会所」「けぇどの長屋」のオーナーを務める

小林 攻洋さん

関戸在住 79歳

2月4日号

新倉 将也さん

1月1日付で「多摩青年会議所(多摩JC)」の理事長に就任した

新倉 将也さん

貝取在住 37歳

1月21日号

大江 竜成さん

今年の多摩市成人式実行委員会の委員長を務める

大江 竜成さん

多摩市出身 20歳

1月7日号

Shifoさん(本名:岩水志保)

多摩市市制施行50周年をイメージした歌『この街の地図』を作曲した

Shifoさん(本名:岩水志保)

市内在住 

1月1日号

有馬 篤樹さん

学校法人有馬学園緑ヶ丘幼稚園の理事長・園長として東京都から教育功労で表彰された

有馬 篤樹さん

和田在住 59歳

12月17日号

あっとほーむデスク

  • 2月18日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

多摩版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月18日号

お問い合わせ

外部リンク